柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

子供達の事

息子は21歳。本当はやせ我慢しているのかもと思ったりして心配になります。

投稿日:

 

 

もうすぐ息子が鼻の手術をするので、術後アパートに戻った時に、すぐに食べられるように食料を送りました。

今回も便利な生協から送りました。

鼻の手術だから、ゼリー飲料や柔らかな物や、子供達がいつも美味しいと言っている、生協のレトルト豚汁やお菓子やおかずを詰められるだけ詰めて送りました。

 

完璧だと思ったのに、1番入れてあげたかったわが家の味を入れ忘れてしまいました。

1番送りたかった物はこれです。

 

味噌が液状になっていて、味噌汁作りが簡単にできる優れもの。

1度息子が買って便利だと喜んでいて、やっと私も見つけたんですよね。

九州の「生きてる味噌」、この味噌で子供達を育てたので、この味噌の味が懐かしいだろうと、思って買ったのに、入れ忘れちゃった。

 

息子の今回の手術は、メスを入れる訳ではない内視鏡で骨を削る手術だから、心配しないでと言うし、面会は15分しか出来ないし、4日で退院するので、来なくていいから。というので、私は行きません。

行かない決心をしたのに、今頃になって心配になって、電話をしました。

「大丈夫だよ!」と言われました。

「もう介護もしていないからお母さんは自由なんだよ。」と言いましたが、やはり、大丈夫だよ。と。

子供っていつの間にか大人になるのですね。

でもまだ21歳。本当はやせ我慢しているのかもと思ったりして私の心は複雑です。

  今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

-子供達の事
-

執筆者:

関連記事

消しゴムで消したい辛い記憶が変換された瞬間。

    今年の2020年は、長女が32歳 次女が30歳 息子が20歳、そして私が59歳になります。 目を閉じれば、子供達が生まれた日の事を昨日の事のように思い出せるのに、子供と私の …

大人になった子供達への母親としての本音。

  先日次女が一泊だけ、それも夜の8時到着で朝の5時出発という慌ただしいスケジュールで帰ってきてくれました。 楽しかったし、次女の気遣いが嬉しかったし、 私も子供の為に尽くせる事が幸せでした …

一人で手術を受けるって大丈夫なの?

  息子からLINEがきて、来月鼻の手術をすることにしたと。 理由を聞くと、来年から3年に渡り専門大学を受験する時に行われる身体検査用と大学後の就職の為に決心したのだとか。 まだ21歳なのに …

息子との2ショットだもの。磨いてその時を待ちます。

今日は化粧にワンピースにブーツを履き、 久しぶりに人並みな格好をしました。 10月に買ったブーツがとても履きやすく、ワンピースの丈にも丁度よいバランスです。 それにコートとストールを巻いて完了です。 …

こんな私にも母の日はやってきます。

  北海道に住む長女からLINEがきました。 「お母さん、こないだアマゾンのタブレットの話したでしょう?あれ、写真とか撮れないんだけど、前に持っていたiPadみたいに写真撮れるほうがいい?」 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ