柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

シングル家庭の家事情 子供達の事

息子の気持ちが優しかったから美味しい物を食べる事に罪悪感を感じてしまいます。

投稿日:

 

美味しい物を食べようと考えると心が痛むなんて、おかしな話で情けないけれど、どうしても心が痛んでしまい食べられないし買えない私です。

息子の事を思うと、どうしてもだめなんです。

 

離婚後、私も息子も平気な顔をして普通の暮らしを演じていましたが、息子は必要な物を買う時に、必ず安い物を選んでいました。

「僕は安くていい物を選べる目を持つ天才だ!」と言っていましたが、まだ中学生なので、本当は他の友達と同じような値段の張るいい物が欲しかったはずです。

高校受験の時も塾には半年だけ行かせてと言い、半年しか通いませんでした。

 

高校に入ると、部活で必要な物や学校で揃える物は、普通の値段には目もくれず、時間をかけて安い物を選び揃えていました。

息子のクラスは、親が高収入揃いのクラスだったので、(クラスの半分以上が親が医者という・・・。)安い物を持っているのは多分息子だけだったと思います。

そして、現在の大学では、自分で生活をしています。

 

私のお金を心配していないふりをしながらも気遣ってくれていた、そんな息子の事を考えると、今、私が一人で美味しい物を食べたりすることに罪悪感を覚えてしまうのですよね。

私だけが美味しい物を食べるなんて申し訳なさで一杯になるんです。

 

高校を卒業するまで一緒に暮らしていた頃は、同じものを食べていたので、こんな感情は無かったのですが、離れて暮らし始めた途端、自分だけが美味しい物を食べる事が出来なくなりました。

 

こんな感情は、再婚して息子が出来た時、息子の父親と息子と私の3人でどこかへ出かけた時、美味しい物を食べる時にも、娘2人に対して、申し訳ない感情がこみ上げて、私はどうしても箸が進みませんでした。

1度目の離婚の時、貧しくて贅沢をさせてあげられなかった娘達を置いて、自分だけ美味しい物をたべる罪悪感ときたら・・・。

 

今は、娘達は社会人だし罪悪感が無くなりましたが、学生の息子に対してはまだ申し訳なさでいっぱいになりますね。

今日もお買い物中に、どうして私だけが美味しい物を食べられる?と思って1度チーズを手に取り戻しました。

今度帰省した時に、息子と一緒に食べたほうが美味しいじゃない。

こんな気持ちです。

息子が社会人になるまで、しばらく私のこんな感情は続くと思います。^^;

 今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

-シングル家庭の家事情, 子供達の事
-

執筆者:

関連記事

姉の妊娠を知った12歳下の弟の真面目な反応と姉弟愛。笑

北海道に住む長女は今妊娠中。 今日から9ヶ月に入りました。妊娠4か月の時に、「話があるの。」と言われピーンときた妊娠報告がそれは嬉しかったです。妹弟にも知らせたの?と聞くとまだなの。と。 しばらくして …

介護破産ってこんな感じから始まるのかなと考えてしまします。

  5月も半分過ぎました。 相変わらず週に5日は実家でご飯を食べ、帰りには残り物を貰って帰り、実家用の買い物の残りのお釣りは、貰うことが多い日々ですが、 1週間分はこんな感じで父のお世話が繰 …

32年の子育てという役目は一応終わったんだと思いました。

  息子が大学に帰っていきました。 帰省中、部屋の中は相変わらずこんなに泥棒に荒らされたような散らかし放題にしても平気な息子でしたが、^^;   親元を離れて丸1年。色々な成長を感 …

大学生の子供の夢とシングルマザーのお金事情

シングルマザーおひとり様の一人暮らし、おまけに年収底辺の私ですが、今年はまだ1円もお財布の中の現金を使っていないという夢のような生活を送っています。 なぜかというと、食料は実家で父と食べる食事の残りを …

息子を取られる感覚はありませんでした。

  母親からすると、息子という存在は、 可愛い、愛しいを通り越して 宝物というか自分の一部というか、表現できない存在。   娘も同じように可愛いけれど、娘の可愛さとは何かが違うんで …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ