柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

中国での暮らし

急に寒くなると思い出す中国での暮らし。

投稿日:

 

毎年急に寒くなると、中国の暮らしを思い出します。

夜は暑くてへそ出して寝ていたのに、朝起きると寒い。窓から外を見ると、昨日まで夏服だったのに、ダウンを着ている人だらけ。

丁度今頃の季節でした。懐かしいですね。

そして、思い出すのは犬鍋の事。

どこかの記事でも書いたような気がしますが、住んでいた地方ではまだ犬鍋を食べる習慣があり、(犬鍋は身体が温まるらしい)現地の知り合いに食事に招待されるたびに、犬鍋だったらどうしようとヒヤヒヤしていた事が懐かしいです。

私達は家でヒーターをつけていましたが、現地の人たちの家の中は、それは寒くて部屋の中でもダウンを重ねて着ていましたね。

そんな寒い家の中で暖まる料理が犬鍋だと言っていました。

 

1度、息子と近所の市場に行くと、頭の無い、皮が剝がされた動物がコロンと床に転がり売られていました。食料用の犬だとすぐに解りました。

私はそんなもの初めて見たので足が震えてしまって、興味津々で見ている息子の手を引っ張ってその場を離れた事がありました。^^;

 

その地方のトイレはマンションでもまだ丸い大きな穴があいたトイレでした。(私達が住んだ部屋は外国人貸出用として別に水洗トイレがありました)なぜ、マンションにも大きな丸い穴のトイレかと言うと、動物をそのトイレで絞める時に便利だからだということでしたね。

時々、夜中に動物が泣き叫ぶ声が聞こえていた意味がしばらくして解りました。あれは家のトイレで絞められていたのでしょうね。

 

外国から来た知り合いも言っていました。昨日までいた近所の犬が、夜中の叫び声と共にいなくなったって。^^;
きっと、トイレで絞めて食べたのよって。^^;

 

寒くなると、スーパーにも市場にも子牛の頭や、子羊の頭、ロバや犬が売られていて、生臭い中を息を止めて買い物していたのが懐かしいです。

1度だけ、市場でたらいに入った大きな食用カエルと目が合い、目を離す事が出来ずに突っ立っている私に、その大きな食用カエルが跳んできたこともあります。

まるでお笑い芸人の体当たりレポートみたいですよね。^^;

 

そうそう、冬は市場で売られていた、その当時日本円で一杯10円程の温かい豆乳を良く飲んでいました。市場の外に出ても生臭いので息を止めて豆乳を飲んで温まっていた事も懐かしいです。

 

今日みたいに急に寒くなると、10年前の事なのに、初めて経験した中国でのこんな生活を思い出して懐かしくなります。

色んな意味で息子と私は強くたくましく成長させてもらった有難い経験でした。

中国での暮らし一覧

 今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

-中国での暮らし
-

執筆者:

関連記事

ハンバーガーの手洗い場をお風呂代わりにする親子に釘付けでした。笑

こんにちは。 私達親子、結構ハンバーガーが好きなんです。   息子は、中国生活の中で日本が恋しくなるとなぜかマックに行きたがり 美味しそうに食べていました。そんな思い出の味だから今でも好きな …

私の中国体験話が認知症の父を救う?

食後に父とロイヤルミルクティーを飲んでいて、イギリスの優雅なティータイムの話になったんですね。 すると父が、「日本人だけかもなぁ。食後もすぐ働くのは。」と言い出したので思い出したんです。 イギリスでは …

根っこ料理の記憶が蘇り懐かしくなりました。

昨日、BSドキュメンタリー「さすらいのシェフ」という番組を観ていると、根っこを使って料理をしている場面が出てきて、懐かしい記憶が蘇ってきたんです。 食い入るように見てしまいました。   昔、 …

買って後悔する物は買わなくなりました。

  こんにちは、みのりです。 今月も半分が過ぎましたね。 今朝、昨日の支出をカレンダーに書いたついでに、9月半月分の支出の流れを見てみると・・・ 食費とガソリンと外食以外の物はほとんど買い物 …

息子の人格は中国の暮らしの中で形成されました。

  こんにちは。 息子が学校に着ていくセーターの虫食い穴を補正してあげると、「補正したほうが余計目立つわ~。」と言われたみのりです。笑   前回、ラベンダーの香りの事で中国在住の事 …


  1. スズキエリ より:

    みのりさんの面白い話で私もイロイロ思い出しました、20世紀最後の頃北京に住んでました、庶民の市場に行くと中国人の食べ物のこだわり、面白かったなあ、カゴの中の生きた鶏首を落とし脱水機みたいのに入れ熱湯かけ、あっという間に毛が無くなり丸鶏に、鶏は新鮮が命だそう、焼肉屋の鉄板の上には生きたスッポンが熱さに手足バタバタ、若い娘が食べてる!肉屋の常温のガラスショーケースの中にはハエがブンブン、店員さんが平気で殺虫スプレーかける、あ〜ビックリ!懐かしいなあ、三年前ツアーで行きましたが、もう影も形もなかった、夢のようです、浦島太郎になった気分でした。

    • minori より:

      スズキエリさん、初めまして。コメントありがとうございます!
      こちらこそおもしろい話を聞かせて頂いて嬉しいです。20世紀最後の頃に北京に住んでいらしたんですね!私は2003年~2010年まで毎年年に2週間程北京で過ごしていたので、読んでいて北京の様子が懐かしかったです。私もハエブンブンの中食べていました。笑 1度は半分食べた料理の中から大きな銀ハエ(便所バエ)が出てきた事ありました。^^;要らないと言うのに作り直すから待ってな。と言われて新しく出された料理にもハエが入っていて。。。、^^;ホント懐かしいです。こんな情景も北京オリンピックと共に消えてしまいましたね。北京の裏通りが大好きでした。そうそう、北京駅での1元オバサンってご存知ですか?「電車に乗るのに1元足りないの。」と言って1元を恵んで貰うのが仕事のおばさん。最初は気付かなかったのですが、いつも北京駅に行くといるのでそれが仕事だとしりました。たかりで生計なんて人、初めて見て、すごいなぁ。と感心したものでした。笑
      懐かしいですね。また色々と教えてくださいね。
      これからもよろしくお願いいたします。みのり。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ