柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

高齢の父の事

無休の介護が無給にならないように認知症の父と話し合いです。

投稿日:

 

昨日から父の自宅介護を毎日私一人ですることになりました。

 

自宅に他人が入る事を極端に嫌う父は、

ヘルパーさんに来てもらう話をすると、怖い顔になり妄想が始まり

機嫌が悪くなり大変なので、

これから先は、誰にも頼れずに、私が無休で毎日お世話する事になります。

 

今まで通り、仲良くやっていけるかな?

ますます認知症が進んでも優しくできるかな?

 

色々不安はありますが、やるしかないのが現状です。

 

最近の父は夢と現実の区別がつかない事が多く、

昨日は、「シベリアに行き、戦後捕虜になったり殺害された人の仇を取ってきた。」と現実のように言い出し、朝からこの話を50回は聞きました。^^;

 

戦地で戦った事も、シベリアに行った事もないのに、夢を見るんですね。

ただうんうんと頷いて聞くだけですが、これが結構しんどいものです。

 

今日も今から実家に行ってきます。

無休で無給は辛いので、今日は私の時給を相談しようと思っています。

私が鬼のような顔にならない為にも、

お金を貰う事は必要かなと思います。

 

認知症の父は無休と無給の意味を解ってくれるでしょうか?

解るまで、父の夢の話のように、しつこく話さなくちゃです。^^;

では、これから実家に行ってまいります。

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑
PVアクセスランキング にほんブログ村

-高齢の父の事

執筆者:

関連記事

認知症の父に忘れても大丈夫!私が覚えているから。と伝えました。

10分前の記憶がほとんど消えてしまう父は、認知症でありながらも自分の記憶が無くなっていくことにとても不安を感じています。 なので、お世話をしている私は、なるべく私のほうから10分前の出来事を聞き返した …

北原白秋と高齢の父の耳鳴りと涙

  今日は一日雨の予報。父は気圧の関係で耳鳴りがひどいらしく 朝から滅入っていました。 病院は今日は開いているかい?と何度も聞く父。 でも、父の耳鳴りは病院にいってもどうしようもないのです。 …

意見の違う2人介護よりひとり介護が楽でいい。【ひとり介護1ヶ月めの記録】

  認知症要介護1父のひとり介護になって1か月が経ちました。 1ヶ月私ひとりで介護をやったてみた感想は、 「ひとり介護は楽。」の一言に尽きます。   父は要介護1と言っても、 まだ …

認知症親のひとり介護3ヶ月に入って思う事

  休みなし1日12時間のひとり介護が3ヶ月目に入りました。 今年の夏は、猛暑でしたので、クーラーも扇風機もその使い方を忘れてしまった父を、一人にすると熱中症になるかもしれない不安から、朝か …

超高齢者として生きる事は生易しい事ではないと父が教えてくれます。

握る力の弱くなった高齢者には、重い陶器の食器は酷ですね。 来月90歳になる父は、しょっちゅう食器を割ってしまいます。 握る力の弱くなった高齢者には、 握りやすくてそして軽い食器が理想ですね。 今まで使 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ