柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

母との思い出

忘れていた母と母の味を思い出させてくれたもの。

投稿日:

 

今日は敬老の日だったんですね。

「今日は敬老の日よ。お互いおめでたいわよね。はいこれどうぞ!」と、ちらし寿司と赤飯を頂きました。

敬老?私まだ60歳になったばかりなのですが・・・。笑

お別れした後、「お互いって・・・」とおかしくなりひとり苦笑いです。

きっと、80代も60代も一緒なのですね。笑

 

しかし、頂けて嬉しいばっかりです。

ご年配の方の作るちらし寿司と赤飯の美味しさに感動しました。

寿司のお酢の加減が私の好みでとても美味しかったです。

少し甘めの味付けは、母親が得意だったちらし寿司の味にそっくりで、
もう2度とあの味を食べる事は出来ないんだと思っていた懐かしい味でした。

懐かしい味に、頭からすっぽり抜けていた母親の事を思い出し、庭に咲いていたバラを仏壇に飾ったりして、懐かしい味が私を素直にしましたね。

今日は頂いたちらし寿司のおかげで、忘れていた母親の事を思い出せた1日になりました。

ちらし寿司と赤飯をお裾分けしてくれたご年配の方に「お互い来年も元気でいましょうね」と言った私。

実は、来年もまた作って欲しい!という気持ちが隠れています。笑

ごちそうさまでした。

  今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

-母との思い出
-

執筆者:

関連記事

手作り果実酒を飲みながら、ずるいよ今頃。と涙する私です。

果実酒を飲んでいる時は、嫌な思い出ではなく、
母が亡くなる前のか細く小さくなって、子供のようになった母の姿と、
亡くなる前日に父が母の手を握り、
2人で歩んできた2人の人生をありがとうありがとうと言って話していた時の姿と、
そんな父の言葉を最後の力を振り絞り、
目を大きく開けて聞いていた母の表情を思い出します。

亡くなった母が美化されていく事に不満が爆発しそうになります。

  今までの記事にも何度か母の事を書きましたが、母とは折り合いが悪く、 特に父親似の私が母は苦手だったようで、子供の頃はよく罵声を浴びせられて育ちました。 容姿の事も、兄と妹は母の家系に似た …

30代の頃欲しかった物が58歳でタダで手に入りました。

実家で凄い物を発見しました。 今年はこの発見によって1万円は浮くことになります。^^ 凄い物とはこれです。じゃじゃーん!笑 32年前に母が20万円で購入したミシンです。   長女がお腹にいる …

実家は現実も思い出も反面教師の材料で溢れてる?

  とにかく「これって高そう」と思うような置物がたくさんある実家です。 全部母が買い揃えた物だけど、 母の亡き後、父にとっては全て邪魔な物となっている置物。^^; この実家の高かったであろう …

50代おひとり様。コンビニの駐車場で嫌いだった母を想い涙する。

  こんにちは。 今朝はなんともいえないけだるさで目が覚めたみのりです。   昨日、久しぶりに1日中パソコンの画面をみていました。次々に襲ってくる難題を一人で解決できた事に満足して …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ