柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

父の入院と60代の娘 認知症の父と私

父93歳の誕生日に延命に繋がる治療を断りました。

投稿日:

最近重たい話ばかりですよね。今日もしんどい話です。
もし、宜しかったら聞いて下さい。

私、自分が今現在、いつ再発するか解らない癌と、もう1つの腫瘍が疑われる検査を受けなければならない身で、

どんな困難な道でも少しでも長く生きていたいと思っているのに、それなのに、入院している父の命の延命に繋がる治療を断ったんです。

 

父が入院している病院から電話があり、現在している栄養点滴以外での延命治療になる処置はどうするか聞かれました。

父はまだ自宅介護で会話が出来る時、勝手に延命治療はしないように。昔の人みたいに自然に枯れるように死なせてくれな。と私に懇願するように何度も頼んでいましたので、

私も兄妹も、もうお父さんは充分頑張ったのだし延命治療はせずにこのまま自然にまかせよう。という判断をし、今日私がその事を病院に伝えました。

伝えてから、色々な思いが込み上げ胸が苦しくなり寝込んでしまいました。

 

自分も以前は、もしもの時は父のように静かにその時を待ちたいと思っていましたが、今は違います。

どんな姿になっても良いから延命治療で子供達の横で1分でも長く生きていたいという気持ちに変わりました。

自分がこうやって気持ちが変わったように、父も認知症の頭の中で、もう喋れなくて口には出せないけれど、気持ちが変わったかもしれない・・・。と思ってしまうのです。

病気をして生きる事に必死になっている自分が、親の命の判断を下した。

胸が締め付けられます。

こんな苦しみを味わうなんて思っても見ませんでした。
くしくも今日は父の93歳の誕生日。
誕生日の日に、仏壇のご先祖様に手を合わせて泣いた私でした。

◆「認知症の父と私」一覧
◆「病気と共に生きる」一覧

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

-父の入院と60代の娘, 認知症の父と私
-,

執筆者:

関連記事

たった10万の差額で3割負担の父の施設選びで思う事。

今日は朝から父の施設を3軒見て回りました。 1軒、このコロナの中でも見学できるところがあり、大きなテラスも天窓もあって明るく、 施設の方の対応も良かったので、一応申し込みをしました。 しかし、介護保険 …

認知症父の涙。

認知症父の面会に行き、2年ぶりに父に触れ、父の優しい笑顔と涙に泣いてしまった私です。 父は病院に入院して今日で5日め。 2年前の施設に入所から、面会はビニール越しだったので父に触れる事は出来ないでいた …

暴言を吐かなかった認知症父の事。

  久しぶりに認知症の親を自宅で介護している方の動画をみると、以前とは違うその様子に驚きました。何か月かの間に、介護を一人で頑張っている子供さんは、お金を盗んだどろぼう呼ばわりされていました …

親の介護は終わったのに心労で寝込む日々。

父が施設に入所すれば、父と私の介護日記は終わると思っていたのに、心配や悩みでまだまだ書くことが多そうです。   朝早く起きて、木の剪定をして雑草を抜き、雑草の中からキレイな花を見つけたので、 …

認知症の父と私の繰り返される会話はまるで録音テープそのものです。

    認知症の父は、私が寝ている部屋にお構いなしに入ってきます。 仕方のない事ですが、今日はまだ私が寝ているのに、明け方の5時から何度もカーテンを開けたり窓を開けたりしてきました。私1度目 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ