柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

認知症の父と私

父の居た和室から野生動物の匂いが立ち込めるけれど・・・。

投稿日:

 

認知症の父が使っていた和室の部屋ですが、動物園の匂いがします。
動物のおりの匂いがします。野生動物のおしっこの匂いです。

実家の和室は、畳やカーテンや壁に尿がかかり過ぎて、ただならぬ匂いがしみ込んでいます。

父が居なくなって2ヶ月以上経つのに、未だに何も手を付けられずにいます。

手を付けられずにいるというか、手を付けたくないのです。
理由は、父の認知症介護がどれほど大変だったか、これがないと身内の誰にも解ってもらえないと思うからです。

父が施設に入り施設の人を困らせる態度が続いた時、施設の人から「このままだと精神病院に移る事も頭に入れておいてください。」と言われた事を兄妹に伝えた時、「家で看れないの?」と軽く言われた事があるんですね。

私達3人きょうだいのうち、私しか父の凄まじかった認知症の暮らしを知りませんし、父の介護がどれほど辛かったのも知りません。1度も自分の目で観ていませんし、どう?と1本の電話もかかっては来ませんでした。たまにこちらから電話で知らせても無駄でした。

 

こんな感じのひとり介護だったので、尿で色が変わった畳を変え匂いが染みついたカーテンを変えて、父の認知症の証拠を全て消してしまうと、あの頃の苦労がもう闇に消えてしまいます。

これが私にとってすごく嫌なのです。嫌と言うか悔しいのです。

現場を見ていなければ、いくら私が大変だったと言っても解るはずがないと思うんですよね。

現場を目でみて、匂いを嗅いで介護の大変さを解ってもらいたいのです。

ふすまを開けるとそこは動物園の匂いですが、私にも意地があります。

しかし、そんな私も、父がここまでになるまでに施設に入れなかった私がいけなかったのではないかと、動物園のおりのような臭いの部屋に入るたびに思います。

でも、きょうだいがこの部屋に入って、どれほどの大変さだったかを知ってもらうまでは、この部屋はそのままにしておきたいのです。

私は変なのかな?
こんな考えは自分をダメにするかな?

今日は父の居た部屋のふすまを開けて、なんだか腹が立つやらやるせなくなるやらで、本当はもう全てを忘れてしまえたらどんなにいいかと思うのでした。

 

思わず泣いてしまった病院での出来事

 

 今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

 

-認知症の父と私
-

執筆者:

関連記事

一人自宅介護の私の為に父の年金はあるんだという考え方。

  今日は、頂点に達していた自分の疲れを 「お疲れではないですか?気なっています。」という ケアマネージャーさんからの優しいメールで気付きました。 きっと、短いメールのやりとりの中でいつもとちがう私に …

まさか認知症の父と会話が出来るなんて夢のようでした。

  認知症父の面会に、次女と一緒に行って来ました。 次女は施設に会いに行くのも、認知症が激しくなってからの父に会うのも初めてです。   前回の面会の父の様子から、変わり果てた父を見 …

認知症父と再会。大切な事に気付いた時間でした。

  認知症父が居る施設の面会禁止が解除されたので、約2ヶ月ぶりに会いに行ってきました。 最後に会った時には、次会う時には私の事は忘れているだろうな。と覚悟を決めた程の認知低下だったのですが、 …

デイサービス様様様と思った日。

朝、私は6時に起床。 ・台所を見ても父が夜中うろついた形跡なし。 ・廊下やトイレを見てもおしっこを漏らした形跡無し。 嬉しくて父を起こしトイレに誘導。 トイレの前の洗面所まで行ったので安心して私は台所 …

こんな悲惨な光景観た事ありますか?もう心は涙です。^^;

夜ご飯を作りませんでした。 残り物の味噌汁と、たまたま残っていたセブンの春巻き1本とキンカンやイチゴをお皿に載せて色彩を良くし終わりです。 もうしばらく作る気ゼロです。やってられません。 先日は手作り …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ

最近のコメント