柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

国際結婚 宗教離婚

力を抜いた生活に、生きていてもいいかなとやっと思えるシニアです。

投稿日:

 

ずっと自分の存在に否定的で、生きている意味を探し続けていた私です。

2度目の離婚後は、人の声も文字も理解できない症状と、聞こえにくい症状に随分苦しみました。

テレビでニュースを聞いているのに、内容が理解できないのです。
子供が学校から貰ってくるプリントも文字は読めるのに、内容が理解できませんでした。

目には文字が見えていて、声に出して読めるのに、内容がさっぱりわからないのです。

2度目の再婚での強いストレスによりこんな症状が表れ初め、長い年月悩みました。

離婚後は外に出られなくなってしまい、それでも子供を育てなければならないので、一人で出来るネットを必死で勉強しました。人が半年で解る事を私は3年かかりました。

耳も聞こえづらくなり困りました。元夫からの言葉の暴力から逃れたくて、普段から人の声を心を無にしてシャットアウトしているうちに、脳が麻痺したのか、生活音は聞こえるのに、人の声だけ聞こえないという症状が出始めました。

こんな風だったので、自分の生きている意味が解らなくて、子供の前ではなんとなく笑っているだけのただの生き物の私でしたね。

 

しかし、最近はそんな時代がうそのような力を抜いた生き方をしている自分がいます。身体も頭も力を抜いてリラックスできます。

料理を作っても、ちゃんと味が解るので作るのも食べるのも楽しいんですよね。

還暦のシニアになってようやく明るい気持ちで生活ができます。

このままの感じでずっと生きていけたら最高なんだけどなと、

今日はこんな事を思いながら過ごしました。

  今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

 

-国際結婚, 宗教離婚
-,

執筆者:

関連記事

子連れで国際再婚の悲劇。私に起こった様々な試練はここから始まりました。

  娘が出産した事で、忘れていた私の最悪な産後を思い出します。 良くまあ、あんな日々の中、息子を育てられたものだと自分で当時の自分を感心するほどです。 もう離婚して7年になるので、思い出して …

実は不思議な力が娘を守ってくれた気がしてなりません。

長女の帰省中に、国際宗教離婚をした私の元夫の話になりました。 「14年も家族でいたのに、1度も家族には思えなかった。」と長女が言いました。 長女は元夫から馬乗りで暴力を受け、ねじ曲がった宗教の言葉の暴 …

誰かに必要とされる喜びが今の私に一番必要な力です。

宗教離婚をして今年で6年目になります。 6年目の今年は素晴らしい事に、フラッシュバックが起きません。 昨日の朝、そういえば!と思いました。 毎日ぐっすり眠り、爽やかに起きてるじゃない?と。 &nbsp …

父の認知症が私の心の病を克服するきっかけになりました。

めっきり外に出なくなった父のために景色を撮るための散歩が楽しくなりました。 お気に入りの同じ散歩道でも毎日違う景色が見られます。   春なのに秋のような落ち葉の色。   初めて見る …

子連れ国際再婚前の別れ話の決め手はこうでした。

  昨日ブログ記事を書いた後、忘れていた事がおもしろいように浮かんできました。 そういえば私は婚姻届を出す前に、私から別れを切り出し1度は縁を切ったのでした。情が深くなる前に早く別れなければ …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ