柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

国際結婚

こんなバカな人の夢をみて思う事。

投稿日:

 

今朝、元夫が夢に出てきました。

以前みたいに泣いて起きるような悪夢ではなく、実際に現実にあった事の再現ドラマのような夢でした。

目が覚めた時、死んでしまった自分が過去にさまよっているのかと思った程、過去に忠実な全く過去と同じ夢でした。

それはこんな夢。

旅先で海までレンタカーで行き、水着に着替え泳いで帰る時、レンタカーの鍵がなくなったという夢です。

 

あの当時、元夫の口から発せられたカギを無くした理由が強烈で、「やっぱり頭おかしいよ。」と真顔で言った私でしたが、今朝の夢でも同じ事言っていました。笑

 

あの旅の少し前に、大喧嘩の末、早く出ていけ!今すぐ出ていけ!というので、種子島に逃げようと思い観光協会に電話したところ、ご丁寧に観光協会からパンフレットが大量に届いたんです。

それを見ているところへ、早く出ていけ!と言いに元夫がその日も昼間っぱらから帰って来ました。元夫はパンフレットを見るなり、「おお!種子島に行くの?僕1度行った事があるよ。いつ行くの?楽しみだなぁ。」と言い出し、真剣に元夫から離れる覚悟をした私の気持ちは無視され、息子と3人で行く事に。

(DV男の典型的な行動ですよね。相手をこてんぱにしておいて、急に優しくする。)

そんな感じで種子島に着きました。

そして、頭痛で気分が悪い私の事は目に入らない様子で、レンタカーを借りて海に。

大喜びの元夫は夕方まで息子と海に潜っていました。

太陽も傾き、さて帰ろうと着替えていると、「みのりちゃん、車のカギがないよ」と。

「手提げの中よく探した?私も探してあげるよ。手さげ持ってきて」と私。

その後です。衝撃な言葉を聞いたのは。

「鍵はここに入れた。ほら、無いよ」と。海水パンツの小さなポケットを見せながら言うのです。

「も、も、も、も、もしかして、車のカギを海水パンツのポケットに入れたまま潜っていたの?」

声を震わせる私に向かって、

「そうだけど?」とあっけらかんな顔していう元夫。

「・・・・・」

「チャックもついていない浅いポケットに入れて海に入ったら、カギが水圧で飛び出しちゃうって思わなかったの?」

「言われてみればそうだね」

あなたはバカですか?という言葉が頭の中をグルグルグルグルグルグル。

元夫は頭はいいんです。大学3つも行って研究職で外国語も4か国語喋れて。でもバカ。笑

 

私はもう何もいう気力も無く、「やっぱり頭おかしいよ。」と言うのが精一杯で座り込みました。

まだ携帯電話も持ってなかったので、そこ辺で作業していた人にレンタカー会社に連絡をつけてもらいスペアキーを持ってきてもらい、無くした鍵のお金を払い、宿に戻りました。

民宿に戻ると、宿の奥様が私を見るなり

「奥さん、誰にでも失敗はあるのだからご主人を責めないであげてね」といい、背中をさすってくれました。

私、涙目で「もうこんな事がたくさんありすぎて、責める気力もありませんから」と言いました。

宿の奥様には、私がどのように映っていたのでしょうね。

 

こんな遠い日の出来事が、そっくりそのまま夢に出てきたんです。交わした会話まで同じでした。

 

今度人の夢に勝手に出てきたら金取るぞ!と夢の中で言ってやれば良かったと後で思ったことでした。^^;

しかし、夢で過去の思い出が全く同じ再現されるってあるのですね。

 

たまたま昨日テレビでロケットを開発した人の映画を見ながら、「そういえば種子島に行ってロケットを見たなぁ。」って思い出してはいたのですが、まさかね、ロケットではなくレンタカーの鍵の夢をみるなんて。

そうとう強烈だったんだと思います。カギを海水パンツの小さなポケットに入れて海の中に潜って遊び、カギが無いと普通の顔して言ってのけられるあの顔がね・・・。^^;

目が覚めて、タイムトンネルで過去に戻ったような鮮明な夢を思い出しながら、別れて正解でしたね。みのりさん。と思ったのでした。笑

  今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

-国際結婚
-

執筆者:

関連記事

あの宗教DV離婚から7年が経った心の変化はと言うと。

2度目の離婚から7年が経ちました。今日カレンダーを9月に変えたら思い出しました。^^; 多分ですが7年前の9月に離婚届けを出したはず。「・・・はず。」だなんて曖昧な記憶に自分でもびっくりです。私の中で …

力を抜いた生活に、生きていてもいいかなとやっと思えるシニアです。

  ずっと自分の存在に否定的で、生きている意味を探し続けていた私です。 2度目の離婚後は、人の声も文字も理解できない症状と、聞こえにくい症状に随分苦しみました。 テレビでニュースを聞いている …

子連れで国際再婚の悲劇。私に起こった様々な試練はここから始まりました。

  娘が出産した事で、忘れていた私の最悪な産後を思い出します。 良くまあ、あんな日々の中、息子を育てられたものだと自分で当時の自分を感心するほどです。 もう離婚して7年になるので、思い出して …

電話番号変えたら過去も捨てられる?

  昔の知り合いから10年ぶりに電話がありました。 大事な要件の電話が掛かってくる事になっていたので、てっきりその電話かと思ってでたのでした。 私からは電話番号を消去していたけれど、相手は残 …

ぶん殴るのを忘れたあり得ない名言はなぜか7月に集中。笑

  9年前の7月、私は中国から日本に戻ってきました。 そして戻った次の日、「今日からは君は僕の妻とは思わない。僕は僕にふさわしい愛人を見つけて幸せになる準備をするからそのつもりでいてね。」と …


  1. Pechi より:

    でもそんな男性を選んだのは他でもない貴方ですよ、夫婦というのは同程度の人間が
    一緒になるもの、若気の至りならまだしも2回目の結婚でしょ?  子連れ再婚ということは損得勘定が働いて一緒になったのかもしれませんがそれならそれで子供さんに迷惑がかかるような婚姻関係は本末転倒ですね
    被害者ぶりたいのかもしれませんが1番の被害者はそんな母親に振り回されたお子さん達
    だと言う事をお忘れなく、その状況でしたら子供たちが馬鹿な母親に呆れてグレるか寄り付かなくなっても仕方ない状況なんだから

    • minori より:

      Pechiさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

      Pechiさんが仰っりたい事はよくわかります。ごもっともです。
      しかし、2度目で子連れ再婚でも結婚に損得勘定はないですよ。
      もしも損得勘定があれば、もっと上手くやります。^^;
      子供達に辛い思いをさせた事は事実ですね。しかし、子供3人と私の関係は
      良好です。こんな馬鹿な親を持ってもグレずに母想いの子供達に感謝です。

      せっかく記事を読んでくださったのに、苛立たせる内容でごめんなさい。
      普段の日常の話も書いているので、良かったら観て下さいね。みのり。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ