柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

認知症の父と私

父が施設に入って2年経つのに私が慣れない事。

投稿日:

今日は施設の父に会いに行ってきました。
父は認知症です。
最初は視線が合いませんでしたが、しばらくすると私と目が合いました。

施設の方が、長女さんが来てくれて、嬉しいね。と父に言うと、
父は私をしっかり見て、遠いところをご足労おかけしますなぁ。と言ってお辞儀をしてくれました。

庭の柿の木と梨の木の話をすると、笑って顔に力がでました。
毎回ですが、父がにっこり笑うと私はなぜだか涙が出そうになります。

父が認知症になってもう何年も経つのに、認知症でさえなければ・・・。と未だに切なくなります。

今日は、施設の方から、父の様子を詳しく聞く事ができました。
症状はずっと平行線をたどっていて、有難いです。

私が実家で介護している時は、全身を強い力で狂ったように掻きむしっていて、血だらけだったのですが、今はまったく掻かないといっていました。

きっと施設で穏やかに過ごしているのでしょうね。
ウトウトが少し多いらしいですが、ご飯の時間になると元気になると施設の方が笑っていました。^^
ご飯も全部一人で食べ切るそうです。

施設の方々のおかげで、認知症の父も介護が終わった私も元気でいられます。

施設に対して、何かご要望はないですか?と聞かれましたが、何もないです。
父のお世話をして頂いてただただ有難い限りです。

でも、やはりどうしても父の笑顔にはなぜだか涙がでます。

◆「認知症の父と私」一覧

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

-認知症の父と私
-

執筆者:

関連記事

面会する度に認知症の父から教えられる事。

  今日は久しぶりに認知症父の話です。 1週間に1度の、15分の面会に行ってきました。 奥からニコニコ手を振りながら、車椅子を押されて父がやってきます。 私も手を振り、お父さんお久しぶりね。 …

父を煮るなり焼くなり好きにしてください。と言う気持ちです。

夜中の3時から何度も父の様子を見に行く私。 その前は24時まで父の部屋にいました。 救急車を呼ぶ覚悟で荷物をまとめてました。 父は一昨日の夜から食べ物も水分も一切取っていないのでした。 ・水分だけでも …

どの方法が一番幸せかなと悩みます。

病院に父の洗濯物を持って行った時 こんな声が聞こえてきました  「どの方法が一番幸せかなと悩みます」 その声に視線を向けると、一組の看護師さんと患者さんのご家族らしき方の会話でした。 私も父の事で何度 …

認知症親の介護を段々と懐かしく思う自分の心。

  昨日、日記を書こうと日記帳を開くと、去年の昨日、認知症の父が初めてデイサービスに行ったと書いてありました。 私が送り迎えして、たった4時間でも行ってくれた事が嬉しかったのもつかの間、帰っ …

一人自宅介護の私の為に父の年金はあるんだという考え方。

  今日は、頂点に達していた自分の疲れを 「お疲れではないですか?気なっています。」という ケアマネージャーさんからの優しいメールで気付きました。 きっと、短いメールのやりとりの中でいつもとちがう私に …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ