柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

自分の事

60歳からは物も野望も少なくそぎ落とした暮らしが望みです。

投稿日:

          Valter CirilloによるPixabayからの画像

 

今月還暦を迎えました。早く60歳になりたいと思っていたので嬉しいですね。

前々から60歳になったら、シルバー人材センターに申し込もうと思っていたので、誕生日の朝、早速電話して申込みをしました。

もう1つ、社会福祉の家事手伝いの登録もしました。高齢者の一人暮らしの方の日常のお手伝いが少しでも出来ればいいかなと思って。

認知症で一人では生活が出来なくなるまでの父をずっと傍で見ていたので、父と同じような高齢者の方に細く長く関わっていけたらなと思って。

 

と偉そうな事言ってるけれど、私の暮らしは変えたくないので、週2日くらいがベストです。無理せず自宅から近くの依頼者を希望しています。

 

60歳になった途端、自分の肩の荷が軽くなるのを感じます。

「もうこれからは今までの経験だけを自分の財産と考え、自然体で生きて行こう!」

この自分で考えた気持ちに、自分で大賛成です。笑

 

60歳からは、物は少なく、野望も少なく、穏やかに静かに、実家の庭の小さな畑を利用して自給自足の真似事ができれば、それが理想です。

 

歳を重ねるって事は、要らないのにしがみついていた色んな事が悩みなく捨てられることですね。そぎ落としの術ですね。笑

 

これから先、私がそぎ落としていくのはどんな事でしょうか?
そして残るものは何でしょうか?
こんな事を考えると楽しくなってきました。

60代よ、ようこそ私のところへ‼

  

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

-自分の事
-,

執筆者:

関連記事

介護の疲れ。音も人の声も雑音です。

  介護の疲れ。音も人の声も雑音です。 本当はとても疲れる父のお世話。 けれど、疲れるなぁと思いながらお世話をすると、そんな気持ちが態度や顔に出ちゃうといけないと思い、父の前では元気なふりを …

59歳夏に起こった悲劇。

  今年の夏は身体中蚊にさされまくりです。 足の裏も、おしりまでも刺してくる蚊。 だから夏の実家の庭は大の苦手です。^^;   いつの頃からか、草にかぶれるようになり、 草むらの中 …

シニアの私。骨太の有難さが身に染みた石だらけの雨の庭。

  私、骨太なんです。だからなのか手首や足首がずどんとしてるんです。それがずっと嫌でしたが、人生で2度骨太で良かった。と思う事があったんです。笑 1度目は白内障で両目の視力が0.1しかなかっ …

実家の間取りが同居できない理由です。

  最近、認知症の父が、 「ずっとここに住んでもいいんだよ」と言うようになりました。 そのたび、私は笑ってごまかします。   朝から午後の19時半までずっと一緒にいるので、 私も父 …

介護の怒りの矛先は父ではなく亡くなった母にでした。

昨夜またも途方に暮れるような事が起こり、私が半泣き状態で父を介抱しているさなか、認知症で何も覚えていない父は、私が手当てした包帯やガーゼをかたっぱしから外してしまいます。 やっとベッドに寝かしつけた時 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ