柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

国際結婚 宗教離婚

ぶん殴るのを忘れたあり得ない名言はなぜか7月に集中。笑

投稿日:

 

9年前の7月、私は中国から日本に戻ってきました。
そして戻った次の日、「今日からは君は僕の妻とは思わない。僕は僕にふさわしい愛人を見つけて幸せになる準備をするからそのつもりでいてね。」と突然言われたんですよね。元夫から。

ポカーンとしている私にもう一言。「もし、妻でいたいのなら僕と愛人との幸せを祈ってね」と付け加える元夫。

7月の暑い夜、マックの2階で聞いた名言でした。

あの時、元夫をぶん殴れば良かったと後になってどれほど思ったか。笑

ずっと後になって、「僕の妻になるべき人の条件は、僕との間に子供が2人産める人。中国人である事」と言われました。

私は全く条件に当てはまってないじゃない?

この時もあっけに取られて、ぶん殴るのを忘れてしまいました。^^;

この名言が飛び出したのもやはり7月でした。

 

そして、そんな元夫は、外国籍の自分が日本国籍を修得できる条件が揃っている事を知り、
中国に行く前年の7月に、妻だけど妻とは思っていない私に向かって、帰化申請するに当たり妻として強力するように言いました。やっとこの時がきたと喜んでいましたね。

私は妻として領事館に呼び出され、夫の良いところを5つ挙げて下さいと言われます。

1個も無いです。と無表情で言う私に、担当の方が困った顔をして、何かないですか?例えば、家事を手伝ってくれて優しいとか?と聞くので、それでいいです。適当に書いて下さいと言ったんですよね。

担当の方が凄い困っていましたね。

でも、仕方ないですよ。なんにも思いつかないし無いのですから。

免許証も、担当の方がこれは・・・。と絶句するほどの違反ばかりだし、きっと帰化はむりだろうと思っていましたが、帰化出来たんですよね。

私はうそでしょう?と思いました。審査が甘い。

この時も確か7月でした。

元夫に、日本国籍を取るために私を利用したとしか思えない!と私が言うと、「まあ・・・。えーっとぉぉぉ。違うかもよ」ときっぱりと「違う!」とは言いませんでしたね。

そして、「僕を信用していないんだね」とあべこべな名言が飛び出しました。

 

7月って色々な事がありました。

ついでに言うと、中国に渡る少し前、私の日本の健康保険を切られました。
「日本に居ないのに引き落とされる保険料がもったいない」と言って。
そして、私は自分に何の保険の保証もないまま中国に行きました。民間の保険にも加入していませんでした。どれだけ心細かった事か。

私が、「もし、病気したらどうするの?そんなに私にお金をかける事が嫌なの?」と聞いた時の「当り前でしょう。勿体ないよ」と顔をしかめて言った言葉。

想像を超える名言でしたね。

これも7月。^^;

 

こんな感じで私にとって7月は元夫に振り回されたバカバカしい思い出がたくさん重なっているんですよね。

 

全てを乗り越えた今、全て笑い話にすることが出来るまでになりましたが、当時は誰にも言えずかなり苦しかったですね。

日本人の私を妻にして、そしてその妻は自分との子供を命がけで産んだ代償として子宮を無くしたのに、
「僕の妻になる人の条件は、僕との間に子供が2人産める人、中国人である事」と言い放てる神経。

降参です。もし、息子が生まれていなかったらこの手で半殺しです。笑

もっと凄い名言がたくさんあるけれど、とりあえず7月の名言はこんな感じです。笑

しかし、男運のない私ですね。

  今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

 

-国際結婚, 宗教離婚
-,

執筆者:

関連記事

力を抜いた生活に、生きていてもいいかなとやっと思えるシニアです。

  ずっと自分の存在に否定的で、生きている意味を探し続けていた私です。 2度目の離婚後は、人の声も文字も理解できない症状と、聞こえにくい症状に随分苦しみました。 テレビでニュースを聞いている …

年収1000万円でも家電はもらい物か低安値かリサイクル品でした。

  前回のブログで、古い狭い冴えないけれどなぜか落ち着くキッチンの話を書きました。   そして今回そのキッチンに立って、こんな事を思ったんですよね。   離婚する前は年収 …

こんなバカな人の夢をみて思う事。

  今朝、元夫が夢に出てきました。 以前みたいに泣いて起きるような悪夢ではなく、実際に現実にあった事の再現ドラマのような夢でした。 目が覚めた時、死んでしまった自分が過去にさまよっているのか …

シングル家庭。離婚を打ち明けた時の、娘の嬉し涙が目に焼き付いています。

こんにちは。 次女に離婚を打ち明けた時の、次女の目からあふれ出した涙が忘れられないみのりです。   今日はその次女が帰ってきます。社会人アスリートです。 この子は、小学6年生から高校に入るま …

宗教DVの子連れ国際離婚は以外にも深い爪痕を残します。

こんにちは。 春になると、フラッシュバックに悩むみのりです。   子連れ国際再婚の14年間で一番苦しかった2013年の春。 この年の春を境に苦しいフラッシュバックが起き始めました。 &nbs …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ