柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

子供達の事

実家に居候で無職の私。子供にしてあげられる事はほんの少し。

投稿日:

 

 

今日は恒例になった私の行事、手作りおかずを生協のクール便で3人の子供達に送りました。

手作りおかずを食べさせてあげたい!と思うのは私だけで、本当は子供達はどう思っているのか少し心配になったので、「送ってもいいかな?」と一応聞いてみたんです。すると、

・長女からは、「すごい偶然だわ。先月送ってくれたおかず美味しかったなぁって丁度思っていたところよ。送って送って~」と。

・次女はもうすぐ試合で家を空けるけど、「全く問題ないよ。嬉しいわありがとう。」と。

・息子は「おお!!めっちゃ嬉しい。楽しみだ!」と。

 

それならばと、たくさんの種類を作って送りました。

子供達の好きなシソジュースも6リットル分作って一緒に送りました。

 

しかも、シソも野菜もほとんど頂き物で作りました。

 

今日は送る前に、たまたまよそのお宅の親子の食事風景をYouTubeで見ては泣き、子供達からの優しいメールにも泣きと、クール便を送っただけで何度も涙がでた私。

 

遠い地で出産した娘の顔が想像以上に疲れ切って見えたので、いてもたっても居られない気持ちや、子供達と一緒に食事を囲みたいという押さえている気持ちが溢れて涙がでたんですね。きっと。^^;

 

出産前に1か月以上の入院から、退院してすぐの出産。夫婦2人だけでの初めての育児。長女から来るメールや声は明るいけど、親の目はごまかせないですよね。

 

しかし、預金を切り崩しての実家で居候暮らしの私に出来る事は、おかずを送ってあげることくらいしかできません。これが精一杯です。

今日の涙は、その事を十分に理解してくれる子供達の私に気を使ってくれる言葉が、自分の不甲斐なさに突き刺さったからなのかもしれませんね。

きっとそうです。^^;

どれほど私が子供達を愛していても、底辺暮らしの私が子供達に出来る事はほんの少しです。

  

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

-子供達の事
-,

執筆者:

関連記事

鼻中隔湾曲と下鼻甲介という手術を一人でした息子。

息子の鼻の手術が無事終わりました。 鼻中隔湾曲と下鼻甲介という病名の手術です。 息子は一人で入院し一人で手術を受けました。 私は付き添いませんでした。 息子は一人で頑張りました。 術後、鼻からかなりの …

優しい紅茶ケーキを食べて涙がとまった経験から学んだ事。

  20年前、私の心をふわっと優しく包んだ息子さんのお母様と会いました。 その息子さんの作ってくれたケーキのおかげで、私は前向きになれたし、子供達を、手作りの料理が一番だと信じて育てる事がで …

こんな家庭環境でも子供達のかたい絆を感じました。

  最近、娘から素敵な報告がありました。 LINEで、「いつかゆっくり話せる時間ある?」って。 母親の勘というものでしょうか?ピーンときました。 やはり私のカンは大当たり♪ 幸せそうな娘の声 …

初孫、私には天使で娘には寛平ちゃん。笑

  長女から送られてくる赤ちゃんの動画のタイトルメールがおもしろいんです。 長女は、身体の弱い私に代わり、12歳離れた弟をまるで自分の子供みたいに生まれた時から楽しそうに育児をしていたからか …

息子を取られる感覚はありませんでした。

  母親からすると、息子という存在は、 可愛い、愛しいを通り越して 宝物というか自分の一部というか、表現できない存在。   娘も同じように可愛いけれど、娘の可愛さとは何かが違うんで …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ