柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

子供達の事

娘を遠くに嫁がせたひとり親の本音はというと。

投稿日:

一人暮らしでおひとり様の私は、今年の連休も自分で小さな家事をわざと作ってはそれをひとりでこなし、

それに飽きたらひとり遊びをしてひとりで笑うという事を繰り返し、日々の暮らしと何も変わらない生活を送っています。ちょっと飽きたけど・・・。

そして、今年も変わらないものは、長女の旦那様、つまりお婿君から毎年恒例の長女の誕生日に綺麗な花束を抱えた長女の写真を送られてくる事。

今年も黄色い色の花束と可愛い娘を抱っこしたママになり優しい顔つきなった長女の写メが送られてきました。

「今年は宝物が1つ増えました。」というメッセージと共に。

娘を遠く離れたところへお嫁に行かせた母親にとって毎年のこのサプライズがとても嬉しくてありがたくて、

独りぼっちの連休の寂しさも吹き飛びます。^^

 

娘が大学4年になり就職活動が始まった頃、「大学を卒業しても北海道に残りたいの。」と申し訳なさそうに私に言った時、

「そうね、九州と北海道と遠距離になって気持ちが離れてしまう事があったら大変だもんね。いいよ、北海道に残って。」と言ったあの頃の私の心は正解だったと毎年自分であの時の私を送られてくる写メを見ながら褒めます。笑

本当に良かったですよ、私が駄々をこねないで。笑

娘が北海道に渡り15年が経ちました。あと何年かで私が九州で育てた年数を超えます。

早いものだぁ。と思います。

こうやって、毎年連休の真ん中で一人遊びが飽きた頃、お婿君からの気遣いの写メで色々な事を想像できて暇がつぶれて喜んでいる私でした。^^;

そして、子供の幸せの分、親は寂しくて当たり前なのだから頑張ろう!と毎年同じ事を思う私が今年も同じ事を思い、元気に連休の後半を迎えられそうです。笑

宮﨑から札幌まで約2053㌔ってネットで出てました。
こんなに離れているのですね。でもお婿君のひとり親の私への気遣いがこの距離を感じさせないでいさせてくれます。^^

□優しいお婿君の言葉の数々。

 

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

-子供達の事
-, ,

執筆者:

関連記事

実は不思議な力が娘を守ってくれた気がしてなりません。

長女の帰省中に、国際宗教離婚をした私の元夫の話になりました。 「14年も家族でいたのに、1度も家族には思えなかった。」と長女が言いました。 長女は元夫から馬乗りで暴力を受け、ねじ曲がった宗教の言葉の暴 …

時は薬なり。笑い話にできた過去。

次女が私の為にジャージャー麵を作ってくれました。 クックパッドを見ながら2時間奮闘し出来上がりました。笑 嬉しくて、舞いがって2回もお代わりをした私です。 次女は、私の好みの味か少し心配していましたが …

優しい紅茶ケーキを食べて涙がとまった経験から学んだ事。

  20年前、私の心をふわっと優しく包んだ息子さんのお母様と会いました。 その息子さんの作ってくれたケーキのおかげで、私は前向きになれたし、子供達を、手作りの料理が一番だと信じて育てる事がで …

優しいお婿君の言葉の数々。

  長女のお婿君はとても優しく、長女を南から北の北海道に嫁がせても全く私が心配ないのは、お婿君が付いているから。 今日、息子の借りているアパートの更新手続きの資料を書いていてそんなお婿君の事 …

私の取り扱いを熟知している息子。

今日は余りにも一人が寂しいので、息子にメールしてみました。 私:「おーーい!むすこーーーー!」 すると、 息子:「へい!」 私:「母さ、しばらくそっちで暮らそうかな。」 息子:「いいんじゃない?」 私 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ