柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

おひとり様

室内35度。熱中症の症状が出ても気付かないという恐ろしさ。

投稿日:

 

朝から頭痛と気だるさと吐き気で横になっていました。氷を首に巻いたりしていましたが症状は全く改善せず。

しばらくして、室内の温度計を見ると35度。35度もあるのに私は部屋の暑さをあまり感じず扇風機だけで過ごしていたんです。(恐ろしいわ)

ふと、もしやこれは熱中症の初期症状?と思い焦り、クーラーを入れました。

 

そして、去年の今頃、認知症の父との体感温度が違い過ぎて私の方が先に死んでしまうんじゃないかと思っていた事を思い出しました。

暑さが解らない父はクーラーをつけているのに、風通しを良くすると言っては窓を開けて熱風を入れていましたっけ。

毎日のように「お父さん勘弁してよ」と思っていましたね。

あの時、父はなぜ暑さが分からないの?と不思議で仕方なかったのですが、今日、私は去年の父と一緒で室内が35度もあるのに暑さに気付きませんでした。

クーラーを入れなかったのは、節約とかの考えでは一切なく、ただただ暑さが解らなかったのです。

結構風が吹いていてカーテンが揺れていたので、カーテンが揺れている事を涼しいと脳が勝手に錯覚させたのでしょうか?

そうだったら恐ろしい。

たった1年で私は去年の父と同じ体感温度になっているなんて。これって結構ショックでしたね。^^;

クーラーをつけて、重曹のポッカレモン入りを飲み、頭痛薬を飲んでしばらくすると体調が戻りました。

 

部屋の中でも熱中症にかかるという知識は十分持っていたのに、自分の事となるとまるでダメでした。吐き気と気だるさと頭痛が揃えば、熱中症の初期ですよね。

 

そしてこんな体調の中、今日も切開手術後の処置をしに病院に行きました。行かなきゃ傷口が化膿してしまう。という怖さで、クラクラしながら病院に行った私。よくこの状態であの痛い処置を受けて帰ってきたものだと思います。

そして、よく倒れなかったなと思います。

 頭痛と吐き気と気だるさで横になっているのに、しばらく熱中症を疑いもしなかったダメな自分に、「今年はこのままクーラーをつけっぱなしにしておこうよ」と言い聞かせたのでした。

そして、今年の夏は認知症の父との暮らしが終わっていて本当に良かったと思った事でした。

 

認知症の父と私

 

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

-おひとり様
-

執筆者:

関連記事

58歳一人暮らしになって変わってきた趣味

  53歳で離婚してから5年。 子供が家から離れ、一人暮らしになって半年。 気が付くと一番苦手だった生き物に話しかけています。 寂しいのでしょうか?私。(笑)   という訳で、寂し …

おひとり様一人暮らしの風邪は想像以上の寂しさです。

  咳がでるし風邪をひいたみたいです。 インフルエンザには7年前にかかりましたが、風邪をひいたのは、多分20年ぶり位だと思います。 19歳の息子が生まれる前から風邪をひいた記憶がないので。 …

こんな私でも「それでも幸せは自分次第でやってくる。」

  いつも座っている目の前には小窓があります。 その小さな窓から、青い空を見たり月を見たりします。 今日も何気なく窓から見える空を見ていると、こんな事を思いました。 「こんな出来損ないと思っ …

児童の短期間預かり制度。シングル家庭の何が問題なのでしょうね?

  シングルになって7年。そして一人暮らしになって3年目。 今年はようやく前を向けるようになり、自分以外の事も考えられるようになりました。 そこで、思い出したのは養護施設で暮らしている子供さ …

断水と間違われるお茶碗洗いをするおひとり様の日常

家でも実家でもお茶碗を洗っていると「断水なの?」と聞かれます。 どうしても、水はチョロチョロしか出せない私です。^^;   資源を大切にとか、節約のためとか、そういう気持ちもありますが、もと …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ