柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

父の認知症 認知症の父と私

施設入居の話をしたのは間違いだったかな。様子が変わる父。

投稿日:

 昨夜の11時頃、父の部屋からのドスンという音と父の唸り声で目が覚めました。

慌てて部屋に行くと、父が半袖の下着1枚になり、ベッドの横の部屋に座り込んでいました。

やっとどうにか父を立たせて、ベッドの方に目をやった少しの間に、

父が窓に向かって歩いたらしく、いきなり窓をあけて、そこから外に出ようと足を出す瞬間でした。

私が背中から下着を掴まなかったら、そのまま庭に落ちていたところです。

窓の下には大きな石があります。こんな石↓

そして横にはこんな物や

トゲのついたバラやその横にはまた大きな石があります。

もしも、私が振り向くのが少しでも遅くて、父が庭に落ちていたら、頭が割れていたと思います。

昨日はデイサービスから帰ってきて少し様子が変でした。

話す事、行動すべてがこれまでの父とは明らかに違うと感じでいた矢先の出来事でした。

ここ最近2度、施設入居について父と話をしたんですね。父の方から自分の体力は家で生活できなくなっていると感じている質問がたくさん出たので施設入居の話をする機会を持ちました。

お父さんが幸せに暮らせるようなところを見つけるから安心して。というと喜んでいたのです。

しかし、昨夜は施設入居の事を思い出して不安になったのでしょうか?

「ここから帰らなければならんのじゃ。」と何度も言っては窓から帰ろうとしていました。

ここはどこだね?どうしてここにワシはいるのかね?と聞いていました。

とにかく、私が父に施設の話をしたのは失敗だったみたいです。

この時に着ていた下着は、介護用でボタンの所がバリバリとくっつけるタイプのもの。私が掴んだ時によくぞ剝がれなかったと今思い出してもぞっとします。

剥がれて落ちていたらケガどころでは済まないと思う庭の石ですから。

そんな事が昨夜あって、今日はとても疲れています。

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

-父の認知症, 認知症の父と私
-

執筆者:

関連記事

在宅介護を始めて約1年。初めての連続休みです。

  認知症親のひとり在宅介護を始めて約1年。初めての連続休みです。 今日から父が火~土まで4泊5日でショートステイに行きました。 朝の父の様子は、行かせるのは可哀そうだな。という位、背中と腰 …

認知症の父に忘れても大丈夫!私が覚えているから。と伝えました。

10分前の記憶がほとんど消えてしまう父は、認知症でありながらも自分の記憶が無くなっていくことにとても不安を感じています。 なので、お世話をしている私は、なるべく私のほうから10分前の出来事を聞き返した …

介護の怒りの矛先は父ではなく亡くなった母にでした。

昨夜またも途方に暮れるような事が起こり、私が半泣き状態で父を介抱しているさなか、認知症で何も覚えていない父は、私が手当てした包帯やガーゼをかたっぱしから外してしまいます。 やっとベッドに寝かしつけた時 …

台風の怖さを忘れた父の事。

さあ、今日からあと2日間、 認知症の父と2人、築46年の木造平屋で最大級台風10号が過ぎるのを待つことになります。 今はまだ雨風も大したことなく大丈夫ですが、 最大級の大型台風10号と同じくらい、認知 …

私が選ぶものはそんなに趣味が悪いのだろうか?^^;


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ