柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

父の認知症 自分の事

味がしない。あの時も味覚障害から始まったという怖さ。

投稿日:

うすうす感じてはいたけれど、最近自分に異変が起きてる。
どんな異変かと言うと、日常に起こる全てが怖くて誰かに脅迫されたいるような。
常に些細な事に心臓がバクバクしている異変。

朝、目が覚めただけで、恐ろしい、耐えられるかな。という気持ちになり不安で仕方なくなります。
脅迫されて逃げ惑っているようなそんな感じです。

今日は雨でした。庭に咲いているキレイな花が雨に打たれて地面についていました。

一昨日、こうならないように紐で固定したのにも関わらず、花が地面についていました。
その状態を見た時、あなたが悪い。と世の中から脅迫されている感情になり胸が苦しくなり部屋に戻りました。

今朝はデイサービスに父を送った帰り、スーパーに寄りました。
せっかくの大事な一人の時間を買い物に費やしてもったいない。とチラッと思いだしたら最後。ハラハラドキドキと心臓が脈打ち悪いことをしてしまったような、取り返しがつかない気持ちになり、この感情が午後まで尾を引きました。

こんな感じで、何をしても結果が怖くなってしまいます。

自分で大丈夫じゃないとなんとなくわかります。

最近は味がしない気がしていました。昨日近くに住む叔母におかずを差し入れしたのですが、味見をした時に調味料を入れても味がまとまらないなぁと思いながら、そのおかずを持って行ったんですよね。

でも叔母から「パンチが効いた味付けで美味しかったよ。ご飯がすすみました」とお礼のメールが。
パンチが効いてたの?びっくりでした。私は、ちっとも味がつかないと思ってたから。

やっぱりだ。

昔2度目の宗教DV夫に悪魔だのサタンだの言われ続けた時にも心が病み味がしない時期が長く続いたんですよね。
あの時、結構色々な症状が出て大変でした。
そして昔も味がしない事から暗闇の世界が始まった事をおもいだしましたね。

あの時は元夫から逃れられなくて苦しんだけれど、今回は自分の方から今の生活を辞めることができます。

でも、今の介護の生活を辞めて自分を大切に考えなきゃと思うとまた、脅迫観念にさいなまれ、心臓の音が響きます。

今日は台所でこんな光景(おしっこで濡れたズボンと靴下)を見て感情を飲み込んだときに心臓が張り裂けそうでした。

 

 

無になれる草むしりだけが私の安らぐ時間です。庭にドクダミが生え放題でよかっと思いながらただひたすらドクダミを抜いています。

この異変が深い闇の入り口ではありませんように。

 今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

-父の認知症, 自分の事
-

執筆者:

関連記事

お願い、ずっと寒さに負けていて!

私の住む宮﨑も寒くなりました。 認知症の父は、寒さには勝てないらしく、例の味噌汁や冷蔵庫の中身やお茶の葉を夜中やぶに捨てに行くことがなくなりました。 ああ、寒さ様様です。 お茶殻を捨てに行こうとして、 …

認知症父への殴り書き 続編

  昨日の私の父への怒りは、夕方実家に戻ると消えました。 昼間3時間ほど、実家を離れただけなのに、私が「ただいま~」と帰ると、 まるで小さな子供が母親の帰りを待っていたかのような表情の父がそ …

私の頭から父を切り離す準備が出来た事は大きな進歩です。

ケアマネさんからショートステイしている父の様子を知らせる電話がきました。 父は快適そうでした。 あんなに何も食べなくて心配したのに、昨日の昼、夜、朝、昼、全て自分で箸を持ち完食したのだとか。 そして、 …

無駄な努力はしないと決めたら楽になりました。

  人生の質を上げるのに、もっと上を目指して頑張らなきゃ。と思っていた時代もありましたが、もうそんな事どうでもよくなりました。^^; 私は今年で59歳。 上を目指す意味が解らなくなりました。 …

荷造り中。家族との絆の食器を捨てる事への罪悪感。

  認知症親との同居の為の実家へ引っ越しです。 実家には私の荷物を置くスペースがほとんど無いため、荷造りは「要るか要らないか」ではなく、「置くところなんてないし、捨てるしかない。」という選択 …


  1. ぷぷ より:

    こんにちわ 久しぶりにコメントさせていただきます ぷぷです。いつもハラハラしながらブログ拝見しています。

    失礼ですが介護生活もう無理なのではないでしょうか?
    ずいぶん前から私はそう思ってしまっています。
    心の底ではギブアップしているのに お父様を施設に任せられない まだ大丈夫だ とご自分を偽っていらっしゃるように思います。
    お身体の不調はそこから来ていると思いますよ。

    • minori より:

      ぷぷさん、こんにちは。
      図星です。コメントで書かれている事、すべてその通りです。
      引っ越し前日に体調不良で内科に行った時、医師から心療内科を勧められながら、
      なぜそこまで頑張るのか?と言われていました。
      「頑張りの止め方がわからない」と言ったところで涙が溢れてしまったのですよね。
      今日のトイレの大問題で介護をやめる決心がつきました。
      父も私も幸せになる道は、施設だと素直に思えます。
      いつもハラハラさせてスミマセン。^^;
      施設入居の記事が書けるまで、どうぞ見守ってください。
      いつもありがとうございます。

      • ぷぷ より:

        不躾な私のコメントに反論もしないでお答え下さり ありがとうございます。
        私も自分でどこまで頑張れば良いか わからなかった経験から強い言葉で書いてしまいました。
        決心されたようで良かったです。何か大変な事が起こってからではいけませんからねー。
        心安らかに毎日を過ごす事は お父様にもですが 貴女にもとても大切と思います!

        • minori より:

          ぷぷさん、こんばんは。
          ぷぷさんもご経験があるのですね。
          だから、コメントを頂いて素直に心に響いたのだと思います。
          本当にそうですね。何か起きてからでは大変です。
          火事になりかけた時、震えが止まらなかったあの時の恐怖を忘れてしまっていました。
          今の父と私に心安らかな日が来るのは、施設入居だと素直に思えます。
          返信が遅くなりすみません。そして、いつもありがとうござます。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ