柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

認知症の父と私

介護中、それでも幸せは自分次第と思う時。

投稿日:

 

今日は認知症の父のデイサービスの日。
私にとっては週2回の待ちに待った朝。父にとってはどうでも良い日?^^;

そんな今朝の事、いつもは渋りながら行く父なのに、私の「今日はお風呂に行く日だよ。」というデイサービスの誘いに「はいはい」と返事をして、ご飯の後、自分から火の用心とカギを確かめ、玄関に向かいました。

嬉しかったですね。

このまま認知症が治っていくんじゃないかと錯覚したほど嬉しかったです。

これには、孫の嬉しい報告が関係しています。

やはり可愛い孫の事になると、少しでも元気で長生きしたくなるみたいですね。

 

先日、紙パンツの件でコメントでアドバイスを頂きました。
アドバイスのおかげでその日から、あんなに嫌がっていた紙パンツを嫌がらなくなりました。ただ、夜中に布団の中で脱ぎ捨てますが、時間の問題で解決できるでしょう。アドバイスに本当に感謝です。

夜の唸り声も冷蔵庫の物色(夜中に外に捨てに行く)も、ガスの火をつける事もほとんど無くなりました。味噌汁も捨てなくなりましたね。

私が、同居を決めた辺りから、困った行動が減った感じがします。
認知症でも安心感は感じるのだなぁ。と最近の落ち着いた態度の父を見て思います。

 

先日父は、自分が死んで火葬場に間に合わない夢を見て、現実とごっちゃになったようで(これまで何度か同じ夢を見ている)ワシはちゃんと火葬場に間に合ったのかい?と聞くので、私が間に合ったよ。^^とふざけて言うと、「ほう、ならばここはあの世?お前は天使かい?」と聞いてきたので、吹き出しました。

私が「ブサイクな天使ですみませんね、お父様」というと、「こればっかりは仕方がない」といって一人で大笑いしていました。

失礼な父ですが、一応会話は成立しています。笑

小さな小さな事ですが、介護のど真ん中でも、嬉しい瞬間や幸せな瞬間があります。
人生が上手くいかなくても、「それでも幸せは自分次第なんだ」とこういう時に思わされます。

さて、4時まで父がいないので、私はその間に引っ越しの荷造りをします。
体力も腕力もないもうすぐ60歳のひとり荷造りは時間がかかります。^^;

引っ越しまであと17日です。

 

  今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

-認知症の父と私
-

執筆者:

関連記事

父の居た和室から野生動物の匂いが立ち込めるけれど・・・。

  認知症の父が使っていた和室の部屋ですが、動物園の匂いがします。 動物のおりの匂いがします。野生動物のおしっこの匂いです。 実家の和室は、畳やカーテンや壁に尿がかかり過ぎて、ただならぬ匂い …

お願い、ずっと寒さに負けていて!

私の住む宮﨑も寒くなりました。 認知症の父は、寒さには勝てないらしく、例の味噌汁や冷蔵庫の中身やお茶の葉を夜中やぶに捨てに行くことがなくなりました。 ああ、寒さ様様です。 お茶殻を捨てに行こうとして、 …

認知症父の輝くキセキの一歩がまた1つ増えました。

  昨日は私の方が緊張して眠れませんでした。 なぜかというと、ショートステイ先から父の「帰るコール」が来るかもしれなかったからなんです。 そうです。昨日父はあんなに頑なに嫌がっていたお泊りを …

地獄を天国にしてくれたデイサービス職員の神対応に感謝で一杯です。

昨日からの(救急車騒ぎ)延長で、痛さでぐったりしている父をデイサービスの方が連れて行って下さいました。「どうしても無理な時はお電話しますがよろしいですか?」と。えっ?こんな状態の父をお世話して下さるの …

認知症施設入所の請求書を見てしばらく息が止まった私でした。

保険料3割で要介護4の父の8月の請求書が届きました。 目がテンになるほど高額な数字を見ながら、心臓がバクバクしながら息が止まってしまった私です。 今のままだと、支払いが毎月の年金額を少し超えているし、 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ