柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

自分の事

介護とコロナの影響をもろに受けてダブルパンチが痛すぎます。

投稿日:

コロナと介護の生活でも、1年の終わりとなると
「年末のやることリスト」には28個のやる事が。

そのうち11個は終わりましたが、あと7個残っています。

気ばかり焦ってなかなか進みません。

なので今日はうだうだトークです。

■やる事たくさんあるのに、今日は久しぶりにマスクを作りました。
ミシンを使うと音で認知症の父が起きるので、今回も手縫いです。

無器用で手縫いが苦手だったのに、マスクを手縫いで7枚も作ると
さすがに慣れて、縫い目が人並みになりました。なんだか嬉しいですね。笑

裁断から1時間で完成しました。

何かに集中するっていいですね。その時は現実を忘れられる。

■とても楽しみにしていた次女のお正月帰省がキャンセルになりました。

・私が父のお世話で実家から離れられない事と、
・父が実家に例え孫でも長時間居ると機嫌が悪くなる事と、
・とにかく人がいると、父のお金を取られる騒動が始まり嫌な気分になる。

という理由で、帰ってきても次女は自宅でひとり状態になるのは可愛そう。
少し前までは、父を夜1晩くらい一人にしても大丈夫そうだったのですが、今はもう全く危なくてダメっぽいので、次女に無理だと伝えました。

親の介護が私の生活に影響を及ぼし始めました。

■息子も帰省をキャンセルです。

息子の成人式が中止になったので、コロナの中交通機関を使ってリスクを負い帰省する意味がないので今年は帰って来ない事になりました。

コロナの中でも帰って来るはずだった理由は、成人式で成人代表の挨拶という役目があったからです。
私の本心は交通機関を利用して帰省する事にかなり不安があったので、成人式中止は残念ですがホッともしているところです。

息子は、スーツもネクタイも買い替えたのに中止。痛い出費でした。^^;

子供達のいない初めてのお正月になりそうです。

寂しいですね。子供達の声が響き渡らない正月なんて・・・。

■そして今日は、認知症の父の為の料理が少しでも手早く出来るように、いつもストックしてある刻み野菜を使って作った出来立てのお味噌汁をまたもや父に捨てられました。

私:「なんで今作ったばかりのお味噌汁捨てちゃったの?」
父:「なんでかのう。また作ればよい」

という会話の後、私は胸が苦しく重くなり、吐き気もしてきて顔の筋肉が麻痺した感じになり焦りました。きっと今まで心の中で処理していた感情が抑えきれなくなってもまだ抑えたため症状がでたのだと思います。

こんな感じでストックしている野菜は、半分は味噌汁と一緒に捨てられます。

そして炊飯器にはワッフルが入っていて、クリームがしみ込んでいたので、私のご飯は無し。

流しの音が変だと思ったら、台所の流しの底の部分が無くなっていて、探して探してまわり、

例のやぶに探しに行くと、やぶに捨ててありました。
これです。↓ 大事なやつです。


こんな事が続いたので、私のちっぽけな脳みそが限界だったのでしょうね。

しばらく吐き気が収まらずしゃがみ込んでしまいました。

今はもう平気です。

こんな毎日ですから、本当は子供達に会いたかったです。
逢ってしゃべって笑いころげたかったです。

介護とコロナのダブルパンチに打ち勝て私!

今日は、うだうだトークでした。

それではまた。

 

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

-自分の事
-

執筆者:

関連記事

少ない年金でもプチ移住したい。質素でありながら豊かに暮らすそぎ落としの術とは。

こんにちは。 今までの生活と考え方をゲーム感覚でそぎ落として楽しんでいるみのりです。     50代も後半になると、残りの人生を質素でありながら、いかに実り豊かに送れるか、そればか …

荷造り中。家族との絆の食器を捨てる事への罪悪感。

  認知症親との同居の為の実家へ引っ越しです。 実家には私の荷物を置くスペースがほとんど無いため、荷造りは「要るか要らないか」ではなく、「置くところなんてないし、捨てるしかない。」という選択 …

背中の切開手術をベッドの上でドタキャンした私のその後。

2日前、皮膚科を受診後、いきなりのプチ手術に、怖さの余りベッドで麻酔の注射を待っている間にキャンセルして帰って来た私ですが、コチラ 今朝やはりどうしても痛さには勝てず、背中にゴルフボール程大きく腫れて …

カサンドラ症候群という名前がついていました。

  先日、ネットで調べ物をしている時に、 「アスペルガーを夫に持つ妻」という文字が 目に入ってきたんですよね。   2度目の元夫の、 離婚して初めて、あの理解できない私を苦しめた言 …

ホッとするのはわが家のにおいです。

昨日は実家で12時間勤務(父のお世話)でした。 朝の8時から夜の8時まで。   実家だし、3食昼寝付きプラスおやつ付きなので気楽かといえばそうでもなく わが家に帰ってくると、言葉にならない安 …


  1. おにぃ より:

    初めてコメントさせていただきます。
    おにぃと申します。
    炊飯器にワッフル、似たような光景がフラッシュバックし、思わずコメントさせていただきました。
    昭和の終わり頃、私がまだ幼かった頃、祖父母と一緒に暮らしてたのですが、うちの炊飯器の中にはよく饅頭が入ってました。葬式饅頭的なものです。酒まんじゅうともいいますが。ご飯をよそおうと炊飯器の蓋を開けて饅頭が入ってるのも衝撃的ですが、ほのかな日本酒の香りがなんともあれでキツかったです。
    うちの祖母だけかと思ってたらお父様も同じようなことをされたのですね。
    電子レンジがまだなかった時代の話なので蒸し器代わりの生活の知恵だったのかも。お父様も電子レンジがない時代のこと(昔のこと)を覚えててこのような行動をされたのですかね?
    でもあの匂いは本当にキツくて食欲落ちました。ワッフルもかなりキツいですよね。お気持ちお察しします。

    • minori より:

      おにぃさん、こんにちは。
      コメントありがとうございます。私もおにぃさんのコメント読んでフラッシュバックしました!!!
      思い出しました。私、大人になって酒まんじゅうを炊飯器に入れて温めた事ありました。笑 笑
      酒まんじゅうにご飯粒がくっついていました。で、大人だから美味しく食べましたっけ。笑
      きっと、父もそんな感覚で温めたくて入れたんですね。きっと・・・。
      昔の事は何でもよく覚えているので、父にとっての知恵だったんですよね。
      「ひえー!とかほら見てよ!」と父に言った事、反省反省、大反省^^;
      おにぃさんの酒まんじゅう、子供にはキツかった事と私もお察しします。笑
      ワッフルも吐き気ものでした。^^;

  2. おにぃ より:

    冷たくなったワッフルを温めて美味しく食べようと思って蓋したら見えなくなるので入れたことを忘れてしまわれたのかも。切ないですね。
    酒まんじゅうの皮がご飯にくっついてたりもしました(^^;)
    大人になっても日本酒が苦手な私にはキツかったです。
    年末年始はかなり寒いようですのでごお父様もminori様も自愛下さいね。(寒い中やぶに行かれるのは勘弁ですね!)

    • minori より:

      おにぃさんおはようございます。
      そうなんです。良く考えてみると、炊飯器を開けてガーンときたこと、
      反省です。日本酒苦手なのですね。炊飯器を開けて嫌いになったか、元々苦手なのかどちらでしょうね?笑
      宮﨑も寒さがくるみたいです。気をつけて年末年始を過ごします。
      お心遣いありがとうございます。優しさが身にしみるお年頃です。笑
      冗談抜きで本当に嬉しいです。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ