柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

湯シャン 自分の事

シニアに不向き?湯シャンがダメな理由。

投稿日:2018年9月13日 更新日:

 

こんにちは。

9月から湯シャンを始めています。
13日めの今日でついに挫折。シャンプーで洗ってしまったみのりです。

 

湯シャンは結構根性と忍耐が要りますね。笑
それ以前にシニアの私には無理がありました。泣

 

以前から湯シャンに興味があったので、39年ぶりにショートカットになったのをきっかけに、今まで何をやっても効果が出なかった抜け毛対策として、湯シャンに挑戦したのですが…。

たった13日めで封印したシャンプーを使ってしまいました。(苦笑

 

お湯だけの洗髪の気持ち悪さが私には耐えられなくなったという事もありますがもう1つ、シニアの私には耐えがたい理由があったんです。

 

その理由とは

 

湯シャンでは生え際のふんわり感が無くなり、地肌が多く見えてしまう事。

 

どんなに毎日お湯でしっかり洗っても、お湯だけでは髪はなんとなくしっとりしていて、サラサラにはなりません。

年齢とともに抜け毛が多くなり、生え際も心配になってきた私は、地肌が多く見えるこんな状態で外出するのが、おっくうでたまりませんでした。(外出といってもほとんど近所のスーパーですが)

 

近所のスーパーだからこそ、
近所の人から、この人頭洗わないのかしら?と思われるのも嫌ですし、
不潔っぽくみられるのも嫌ですし、湯シャン実践記などを拝見すると、頭は無臭と書いてありますが、私の頭が本当に無臭なのかも気になります。

 

そして今朝、こんな事を気にしながら生活をしていると、気が付けばイライラしているし毎日を楽しく過ごしていない事に気づいたんです。イライラは健康にもよくありません。

 

今朝、1度湯シャンをして髪を乾かしたところで、もう限界でした。

「もう、こんなべっとりした髪はいやだ!」

お風呂に入り直して、シャンプーでしっかり髪を洗ったら気分爽快!そして、髪を乾かして生え際が目立たない地肌の見えない自分の髪にホッとする始末。笑

 

わかった事

 

13日間湯シャンを実践してみて思ったことは、毎日の湯シャンは髪が薄くなったシニア世代には不向きだという事。

とにかく、隠したい部分を人にさらすって(特に身体の部分)
ストレス以外のなにものでもないですからね。

 

しかし、たった13日の湯シャン実践でしたが抜け毛の効果は少しあったように思います。抜けて指に絡みつく髪が少し減ったという実感がありましたから。(もしかすると錯覚かもしれませんが)

 

これからは、外出をしない人目を気にしなくても良い日を選んでゆっくり少しずつ無理のないやり方で湯シャンをやっていこうと思います。

 

今回たった13日間の連続湯シャンの体験でしたが、よい経験でした。

◆◆◆今日の一言◆◆◆

しかし、髪がサラサラするだけで、こんなに気持ちがいいんですね。
3時間も昼寝をしてしまいました。

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑
PVアクセスランキング にほんブログ村

-湯シャン, 自分の事
-,

執筆者:

関連記事

宗教DVの子連れ国際離婚は以外にも深い爪痕を残します。

こんにちは。 春になると、フラッシュバックに悩むみのりです。   子連れ国際再婚の14年間で一番苦しかった2013年の春。 この年の春を境に苦しいフラッシュバックが起き始めました。 &nbs …

手作りのドクダミ茶が一番だと思った体調不良の朝

梅雨に入る前にせっせと摘んだドクダミなのに、 洗って吊るして乾燥させるまでの工程で満足していまい 飲むのを忘れていました。^^; 今日は、明け方からお腹の調子が悪く元気が出ません。 身体の中から温めた …

例え58歳のオバサン娘でも言葉にしてベタ褒めされると喜びは大きいものです。

今日は、朝の7時半に実家に行きました。 着くなり父が「おお!今日も美人じゃのう。」と言いました。笑 てんでバラバラに生えた眉としょぼくなった目が見えるだけのマスクをした顔を見て美人というので、「どこが …

素敵なグレイヘアーの血迷った願望にひとり赤面する。^^;

30代の頃から白髪が多い私。 頭皮が弱いので1か月半間隔をめどにして白髪染めに行っています。 その間自分で1回だけ利尻昆布の白髪染めでてっぺんだけ染めます。 この工程がとてもストレスなんです。 そして …

2度の離婚の大変さをずっと心配してくれていた人

今年のクリスマスのディナーは目玉焼きだったみのりです。^^; 3時過ぎにお茶を飲んでいた父がうとうとしだしたので、慌てて夕食を作ったのが目玉焼き。これに、庭の野菜を添えてクリスマスの食事は終わりました …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ