柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

子供達の事

32年の子育てという役目は一応終わったんだと思いました。

投稿日:

 

息子が大学に帰っていきました。

帰省中、部屋の中は相変わらずこんなに泥棒に荒らされたような散らかし放題にしても平気な息子でしたが、^^;

 

親元を離れて丸1年。色々な成長を感じる事ができました。

色々あった中で、特に思い出す事は、

 

•実家の父のお世話で忙しくしている私の為に何回もご飯を作ってくれた事。

 

•おじいちゃんちでも夜ご飯を作ってくれた事。

 

後かたずけまではまだまだですが。^^

 

•説明がとても上手になっていた事。

高校生の頃は、相手の事はお構いなしのような説明で、「もっと相手が解るように説明して!」と何度も言っていたものですが、今回ネット回線のない実家で使うパソコンのデザリングのやり方を聞くと、驚くほど説明の仕方が上手になっていて、鈍い私でも一発で理解できました。

 

•帰る時、部屋のかたずけをして家をでた事。

泥棒に荒らされたように散らかし放題だったリビングを朝かたずけて家を出ました。

そして、朝の茶碗が洗えなくてごめんと言いました。母は感激です。

 

•高速バスの窓から最後まで手を振った事。

前回までは、バスに乗り込んだらそこで知らん顔でしたが、今回はバスが動き出した時、最後に手を振ってくれました。

 

あれこれうるさく言わなくても、子供って成長するんだなぁ。と3人目の子供でしみじみわかった私です。

 

娘達2人も大学は家を離れ一人暮らしをしていたけれど、あの当時の私は元夫との生活で心がついていかず、娘達の成長の変化を気づいてあげられなかったです。

娘達が帰省する度に成長する姿をほとんど思い出す事ができないでいたのですが、

今回、長女と次女がその当時聞いていたアーティストの曲を、12歳も歳が離れている息子がたまたま聴いていた時に、当時の風景が曲と共に出てくる出てくる。

 

思い出すとみな成長は同じでした。^^

 

そして子供が20歳になれば、後はもう1歩下がって優しく見守ることが母としての役目だという事も思い出しました。

 

そういえば、次女が20歳になった時、もう私の手は必要ないんだと寂しさを口にした私に、友人が「まだ10歳の息子ちゃんがいるじゃない^^;」と笑って言ってくれたことがありました。^^;

 

とにかく、今回の息子の帰省中の様子をみながら、私の子供を育てるという役目は一応終わったんだという事を感じました。

 

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑
PVアクセスランキング にほんブログ村

-子供達の事
-, ,

執筆者:

関連記事

娘が喜んでくれたらそれだけでいいんです。

あと3日で北海道の娘家族が3年ぶりに帰ってきます。 1歳8ヶ月の孫ちゃんも一緒だから、家の中の掃除、庭のごっつい石の片付けを張り切っています。 今日の日中の気温は20度だったので汗が出ました。^^; …

大学生の息子に親の超低辺暮らしがバレたのかと心配しました。

  大学生の息子に、お米あるの?って聞いたら、 「最近お米食べないんだよね。」って。   あら珍しいこと。お米の代わりに何たべてるの?と聞くと、 「炊飯器ダメにしちゃったんだよね。 …

親の好きな形と色を使う娘の優しさ。

  いつも料理が下手だと言っている次女が、クッキーを作ってみたの!と突然画像付きのメールをくれました。 最近私の元気ないのがバレちゃったかな?と思わせるような私の好きなハート型のクッキー。 …

いつの間にか歳を重ねた親と子。大変だった昔も懐かしい。

今年は、私が62歳、長女35歳、次女33歳、そして末っ子長男が23歳になります。 皆の歳を数字で見ると圧巻です。 そして、私の家族が皆年取ったぁと感動すら覚えます。 私が30歳の頃は、毎日ほとんど一人 …

息子の帰省に母の本音は嬉しさ半分疲労半分といったところです。

こんにちは。 息子の短所に口を出すか見守るかの忍耐の日々を送っているみのりです。苦笑   それぞれ同じように育てた子供達。 3人とも長所は似ていますが、短所は全く違うんですよね。 さて、ウチ …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ