柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

実家から貰ったもの 母との思い出

30代の頃欲しかった物が58歳でタダで手に入りました。

投稿日:2020年2月8日 更新日:

実家で凄い物を発見しました。

今年はこの発見によって1万円は浮くことになります。^^

凄い物とはこれです。じゃじゃーん!笑

32年前に母が20万円で購入したミシンです。

 

長女がお腹にいる頃、母に「お腹の中の赤ちゃんは女の子らしいよ。」と伝えると、「女の子なら大きくなってミシンを使って手作りするはずだから。」と母がこのミシンを買ったのでした。

かわいい刺しゅうつき。

こんなにかわいい刺しゅうもできたんですね。

今これを見ると、初孫の誕生を喜ぶ母の気持ちが伝わってきてジーンとします。

 

しかし、この刺しゅうで何か作ってくれた記憶も、使っている姿を見た記憶もないのですよね。あるのは、「貸して。」と私が言うと「壊すからダメ!」と言って使わせてくれなかった記憶しかなく・・・。

まあ、昔の話です。^^;

 

そんな事よりも、32年前に購入したミシンは動くのでしょうか?

ダメもとで縫ってみたらちゃんと動きました。しかも自動なので超楽ちんで縫えました。

音もとても静かでした。

30年以上も経っているのに、やはり値段が高い物は丈夫に作られているんですね。

 

わが家のミシンが壊れて約2年。

子供が小さい頃は、仲良くしていたママ友がお裁縫上手な事もあり、洋裁のイロハを教えてもらいながら、無器用ながらも子供服を作っていたので、家にミシンが無い時代は無かったんですよね。

2年前に壊れてからは、欲しいのに、優先順位がなかなか上位にこなくて、ミシン購入を諦めていました。

 

しかし最近、気持ちに余裕ができたのもあり、娘達に小物や、次女の体型(スポーツをしているので市販の服が筋肉で張り裂けそう)に合う上着やスカートを作ってあげたくなり、ミシンの購入を良く考えていたんです。

 

そんな私の気持ちを察してくれたのか、実家の押入れを開けてゴソゴソしていたらこのミシンが目に飛び込んできたという訳です。

 

今年は少ない収入の中から、1万円のミシンの購入を考えていた私ですが、買わずに済みました。^^

そして、30代の頃、子供服を縫うのに欲しかった自動ミシンが58歳で手に入りました。

 

なによりも、母の32年前のミシンが使える事がキセキです。

すごくありがたい話です。

とにかく、母の残してくれたミシンを今度は私が大事に使います。

 

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

 

-実家から貰ったもの, 母との思い出
-,

執筆者:

関連記事

物々交換で0円生活24日めを更新中の58歳おひとり様。

2月に入ってから、ストック品がたくさんある実家から、わが家に足りない物を分けてもらうようになりました。 分けてもらうきっかけになったのは、10枚のティッシュ。^^; 実家の父のお世話の帰りに買って帰ろ …

手作り果実酒を飲みながら、ずるいよ今頃。と涙する私です。

果実酒を飲んでいる時は、嫌な思い出ではなく、
母が亡くなる前のか細く小さくなって、子供のようになった母の姿と、
亡くなる前日に父が母の手を握り、
2人で歩んできた2人の人生をありがとうありがとうと言って話していた時の姿と、
そんな父の言葉を最後の力を振り絞り、
目を大きく開けて聞いていた母の表情を思い出します。

50代おひとり様。コンビニの駐車場で嫌いだった母を想い涙する。

  こんにちは。 今朝はなんともいえないけだるさで目が覚めたみのりです。   昨日、久しぶりに1日中パソコンの画面をみていました。次々に襲ってくる難題を一人で解決できた事に満足して …

低収入の低コスト生活に新しい0円菜箸が加わりました。

  低収入、低コスト暮らしのみのりです。 最近、我が家の古い菜箸が気になって仕方なかったので、今回も実家から貰ってきました。 菜箸って結婚して何回買っただろう? 33年の間に2回かな?3回か …

実家がミニマリストでなくて良かったと思う低収入おひとり様のひとり言。

  最近の私の0円生活ですが、終結するどころかまだまだ続いています。   今回は、実家からこれを2個貰ってきました。^^;   父は一人暮らしなのに15個も持っていたので …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ