柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

シングル家庭の家事情 宗教離婚

シングルマザー5年目時々押し寄せる新たな不安。

投稿日:2019年9月27日 更新日:

こんにちは。

息子を信じているけれど時々不安になるみのりです。

 

不安というのは息子と元夫の関係です。

私はどうしても2人をこれから先も繋がらせたくないんですよね。

一生会わせたくないと思ってます。

できる事なら息子の記憶から元夫の記憶を消し去りたいくらいです。

 

今年、息子が一人暮らしを始めた春からの新しい私の不安の種

「私の知らないところで二人が繋がったらどうしよう」が始まりました。

 

3つの絶対

 

私と息子にはこれだけは守ってほしい。という約束が3つあります。

それは

•絶対、フェイスブックを作らないで欲しい。

•絶対、父親を探し出さないで欲しい。

•絶対、お母さんに隠れて父親と会う事はしないで欲しい。

という3つです。

フェイスブックなんて作ったら簡単につながってしまうし、向こうからもすぐに探せるから。

 

父親に会わせないなんてなんて酷い母親だろうと思いますよね?

 

でも、私は大まじめです。

なぜなら

•元夫はねじ曲がった宗教で人を話術で引き寄せるのが得意で

•そしてそのねじ曲がった宗教の自分の世界に引き込むのがとても上手い人。

だから。

このねじ曲がった宗教ほど恐ろしいものはない事を私が一番知っているからです。

 

 

駆けつけた警官さえも

 

長女が高校生の時、元夫が長女に馬乗りになって暴力をし、警官2人と私の両親が駆けつけた事がありました。警察官は元夫とそのうち笑顔での事情聴取になり、警官が最後に私にこう言いました。

「優しく育てられた奥さんには、ご主人の娘への愛のしつけが暴力に見えたのだろう」と。

愛のしつけ?

馬乗りになって殴っていたのに、愛のしつけ?

長女は恐怖で自分の部屋にとじこもり、次女は固まって動けなくなったのに、愛のしつけ?

 

 

その時に、警官でさえ話術に騙されたという絶望感と、これから先何かが起きても助けてはもらえないという震えがとまない恐怖を感じた事がありました。

 

どんな相手でも優しい笑顔と礼儀正しいしぐさとねじ曲がった宗教の話術で、自分の世界に引き込ませるのです。

 

息子が元夫と再会したら、きっとあの全てにだまされてしまうかもしれない。それが怖いのです。

もしかすると、息子があの恐ろしい宗教にあの話術でそそのかされるかもしれない。

考えただけで私は気絶しそうです。

 

パパのお祈りでは悪魔に魂を売ったママの事を助けてあげられなかった事と、ママを守ることができなかった事を許してほしい。とこんな風に息子に言う事は簡単に想像できます。

 

約束は守ると言ってくれている息子は、本当は会いたいと強く思っているのかもしれません。

私の手を離れて、目の届かない所で暮らす息子が、もしも元夫と接点をもってしまったら

私は正常でいられるか本当に自信がないんですよね。

接点をもってしまったら仕方ないでは済まされない怖さがあります。

 

取り越し苦労かもしれないけれど、

離婚して丸5年。ようやく落ち着いてきた今の生活に新たな不安です。

 

息子を信じていますが、時々不安です。

 

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ 

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑
PVアクセスランキング にほんブログ村

-シングル家庭の家事情, 宗教離婚
-,

執筆者:

関連記事

意地悪な私に優しい息子。

  シングル底辺暮らしの私の財布から、お金が羽をつけて飛んでいきます。 ・まず、車の車検。 本当は60歳になったら車は手放そうと思っていたのですが、親の介護が長引きそうで、まだまだ車がいるので、今回も …

幸せな夢を見て起きた朝。

夢から目覚めても夢の続きがあるような錯覚で起き上がった私です。 どんな夢かと言うと、私の未来、つまりこれから先の人生の夢を見ました。 白髪になった私の傍に背が高くがっちりしたやはり白髪の男性がずっと笑 …

宗教DVの子連れ国際離婚は以外にも深い爪痕を残します。

こんにちは。 春になると、フラッシュバックに悩むみのりです。   子連れ国際再婚の14年間で一番苦しかった2013年の春。 この年の春を境に苦しいフラッシュバックが起き始めました。 &nbs …

no image

宗教離婚、19年前に見た不思議な夢を思い出して思う事。

  息子を妊娠中の19年前、 寝たきりの状態で 帝王切開と子宮筋腫と子宮摘出の手術の日を待っていた時の事です。   3ヶ月半の入院生活の中、色々な事が起こり、 帝王切開と子宮筋腫、 …

真冬に敷布団も毛布も必要ない暮らしを楽しみました。

実家に居候し、カウチソファーをベッド代わりにして1年が経ちました。 最初はなんだか寝づらくて、起きた時に身体が固くなったりしていましたが、今では身体がソファーに馴染んだのか、それともソファーが身体に馴 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ