柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

子供達の事

幾つになっても心配な存在がいるという幸せ

投稿日:2019年9月26日 更新日:

こんにちは。

息子の熱に居てもたってもいられなかったみのりです。

 

3日前に大学へ帰っていった息子からなんだか熱っぽいとLINEがきました。

あらーーー。あららーーーー。(心配性の私の心の声)

心配性の私が心配なのは熱だけではなく

心配の理由が熱ともう一つあって、それは息子には布団が無いという事。

 

あらーーー。あらららーーー。ですよね。

大学も決まって、一人暮らしに必要な物を自分のお金(18年間貯めたお年玉)で揃えた息子ですが、

•なるべく安くて良い物を買おうと

•ネットにかじりついて見つけた布団6点セットだったのに、

•それがまさかの不良品。

 

もし、熱がでて寝込む事になった時大変だから、早く返品手続きを済ませて新しい布団を注文したほうがいいのにな~と思っていた、

その熱でも出したら大変だよ~。が今回ついに起こってしまいました。

 

いつも、パイプクッションに寝てるっていってたから、きついだろうな。

 

今朝、具合どう?てLINEしてみると、「だいぶ良くなったから大丈夫」と返信がきました。

 

友達数人が、体温計持ってきてくれたり、ネギと梅(たぶんお粥)を作ってくれたりしたそうです。

 

ありがたいですね。

 

きっと、人の優しさが身に染みたことでしょう。

 

「だから言ったでしょう。さっさとやれば良かったのに。」と布団の返品の事をチクチク言うのは、息子の体調がもう少し戻ってからにします。笑

 

手を離れてもまだまだ心配が多いのは、本当は幸せなことかもしれませんね。そして

私も幾つになっても心配する人がいるって幸せなことだなぁ。と思った次第です。

 今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ 

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

-子供達の事
-,

執筆者:

関連記事

88歳まで生きたとしてあと30回はお年玉が渡せます。

  昨日は、お正月に帰って来れない長女夫婦と今年大学生になったうちの息子にお年玉を送るためにお年玉つくりをしました。   毎年、このお年玉を用意する作業がとても好きです。6年前に長 …

シングル家庭。地方からの大学受験にかかる費用はいくら?【途中経過】

こんにちは。 地方から子供を大学に入れるって、こんなにお金がかかるなんて・・・。 現実逃避したいシングルマザーのみのりです。(苦笑)   シングルマザーとして息子を育てている私。 やっと子育 …

実は不思議な力が娘を守ってくれた気がしてなりません。

長女の帰省中に、国際宗教離婚をした私の元夫の話になりました。 「14年も家族でいたのに、1度も家族には思えなかった。」と長女が言いました。 長女は元夫から馬乗りで暴力を受け、ねじ曲がった宗教の言葉の暴 …

消しゴムで消したい辛い記憶が変換された瞬間。

    今年の2020年は、長女が32歳 次女が30歳 息子が20歳、そして私が59歳になります。 目を閉じれば、子供達が生まれた日の事を昨日の事のように思い出せるのに、子供と私の …

大学受験用のトラベルパックをネット以外で安く予約しました。

  こんにちは。 大学受験を控えた息子を見ているだけでお疲れのみのりです。 大変なのは息子で、私は食べて寝ての繰り返しだけなのに、なぜかヘトヘト気味な毎日です。(苦笑)   今回は …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ