柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

子供達の事

幾つになっても心配な存在がいるという幸せ

投稿日:2019年9月26日 更新日:

こんにちは。

息子の熱に居てもたってもいられなかったみのりです。

 

3日前に大学へ帰っていった息子からなんだか熱っぽいとLINEがきました。

あらーーー。あららーーーー。(心配性の私の心の声)

心配性の私が心配なのは熱だけではなく

心配の理由が熱ともう一つあって、それは息子には布団が無いという事。

 

あらーーー。あらららーーー。ですよね。

大学も決まって、一人暮らしに必要な物を自分のお金(18年間貯めたお年玉)で揃えた息子ですが、

•なるべく安くて良い物を買おうと

•ネットにかじりついて見つけた布団6点セットだったのに、

•それがまさかの不良品。

 

もし、熱がでて寝込む事になった時大変だから、早く返品手続きを済ませて新しい布団を注文したほうがいいのにな~と思っていた、

その熱でも出したら大変だよ~。が今回ついに起こってしまいました。

 

いつも、パイプクッションに寝てるっていってたから、きついだろうな。

 

今朝、具合どう?てLINEしてみると、「だいぶ良くなったから大丈夫」と返信がきました。

 

友達数人が、体温計持ってきてくれたり、ネギと梅(たぶんお粥)を作ってくれたりしたそうです。

 

ありがたいですね。

 

きっと、人の優しさが身に染みたことでしょう。

 

「だから言ったでしょう。さっさとやれば良かったのに。」と布団の返品の事をチクチク言うのは、息子の体調がもう少し戻ってからにします。笑

 

手を離れてもまだまだ心配が多いのは、本当は幸せなことかもしれませんね。そして

私も幾つになっても心配する人がいるって幸せなことだなぁ。と思った次第です。

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ 

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑
PVアクセスランキング にほんブログ村

-子供達の事
-,

執筆者:

関連記事

20歳なる息子の帰省中に苗字の変更を相談します。

  夜の駅で息子にそっくりな青年に大きく手をふったアホな私です。^^; ゆうべ息子が帰省したんです。迎えの駅に着くと暗い雨の中、車のライトの向こうに見慣れた立ち姿の青年を発見。 あっ!息子だ …

息子を取られる感覚はありませんでした。

  母親からすると、息子という存在は、 可愛い、愛しいを通り越して 宝物というか自分の一部というか、表現できない存在。   娘も同じように可愛いけれど、娘の可愛さとは何かが違うんで …

実家に居候で無職の私。子供にしてあげられる事はほんの少し。

    今日は恒例になった私の行事、手作りおかずを生協のクール便で3人の子供達に送りました。 手作りおかずを食べさせてあげたい!と思うのは私だけで、本当は子供達はどう思っているのか …

初孫、私には天使で娘には寛平ちゃん。笑

  長女から送られてくる赤ちゃんの動画のタイトルメールがおもしろいんです。 長女は、身体の弱い私に代わり、12歳離れた弟をまるで自分の子供みたいに生まれた時から楽しそうに育児をしていたからか …

親ばかから見る20歳の大学生息子の成長。笑

自分の手を離れた息子が帰省して今日で3日め。 帰って来た日から置きっぱなしのリュックには、昨日に引き続き、今日はこんなものが置いてあります。^^; 一昨日の靴下は、横に落ちてる。^^;   …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ