柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

自分の事

指が衰える?57歳の編み物はもはやリハビリそのものでした。

投稿日:2019年5月3日 更新日:

こんにちは。

野暮ったくもそれなりに暮らしを楽しんでいるおひとり様みのりです。

 

先日、連日で断捨離するものをゴソゴソ探していると、コットン毛糸が出てきたんです。

捨てるつもりでしたが、ふとアイディアが浮かんだんですよね。

 

この毛糸で、あれとこれとあれとこれを利用してあそこに目隠しを作れるんじゃない?と。

 

そのあそことはここのドアのこと。

 

このドアのこちら側はいつも私が座っている場所で向こうがすぐ玄関なんです。

この扉一枚を閉め忘れた時の開けっ広げで玄関が丸見えの状態が、いつもなんとなく居心地を悪くしていたんですよね。

 

なので、ここに何度か布を垂らしてみたりもしたのですが、イマイチのセンスで毎回ボツ。

 

でも、今回のひらめきはちょっとよさげな感じがしたので作ってみる事に。

 

さっそく、何年かぶりに編み物をしてみると・・・。

 

細い毛糸を掴む指の力は衰え、指が毛糸を上手くつかめなくて、もはや指のリハビリ状態にひとり焦りまくり。

なに?私の指の力はどうなっちゃったの?

 

くさり編みの棒を6個つくっただけで疲れきりました。笑

 

もう、あれこれ考える気力も無くなり、くさり編み6個を突っ張り棒に通してこんな感じでむりやり完成。

 

 

そしてこれを作ったからといって、私の居心地は良くなったのかと言うと、出来上がりがこんな感じなのでビミョーですが、(笑)

 

 

指のリハビリの為と思えばいいや!とひとりで苦笑いしたのでした。

 

何年か前まではピアノを弾いていた私の指。指を使わないとこんなに動かなくなってしまうのですね。年齢と共に指に力が入らなくなるなんて考えてもみなかったので、ショックを通り越して、良い学びになりました。

 

これまでは、お茶をのどにひっかけたり、なんでもないところでつっかけたりの身体の衰えはありましたが、指先の衰えはさすがにショックが長引きます。苦笑

 

お年寄りのリハビリ体操で指のグーパーグーパーを見ては、他人事のように思っていましたが、(この動作はいったい何の意味があるのだろうとさえ思っていた)

もはやこのグーパーは今の私にピッタリなリハビリだと他人ごとでは済まされなくなりました。

 

◆◆◆ 今日の一言 ◆◆◆

これを教訓に私はグーパーと手編みにはまってしまい、北海道に住む娘にとんでもない手編みの誕生日プレゼントを送ってしまうのでした。続きはまた。

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑
PVアクセスランキング にほんブログ村

 

-自分の事
-,

執筆者:

関連記事

何をやってもダメ。結局いつも薬に頼ってしまいます。

  筋金入りの便秘持ちです。小学生の頃からです。 現在60歳なので、50年のキャリアといったところでしょうか。^^;   最近、ポッカレモンと重曹を混ぜたものを飲んで、お通じが良く …

こういう理由で27年大事に持ち続けたものを断捨離します。

大事に持っているものがありました。 それは1度目の離婚のあと買いました。 色々な複雑な気持ちを忘れるようにこのコーヒーカップで毎日コーヒーを飲んで心を落ち着かせていました。 それから先、少しずつ気持ち …

実家の間取りが同居できない理由です。

  最近、認知症の父が、 「ずっとここに住んでもいいんだよ」と言うようになりました。 そのたび、私は笑ってごまかします。   朝から午後の19時半までずっと一緒にいるので、 私も父 …

住む家があるだけ幸せなはずなのに。

実家に間借り状態で住んでいる私です。 父親が認知症で目が離せなくなり、自宅を引き払い、ほんの少しの荷物を持って実家に引っ越してきました。 でも、実家では落ち着かないんですよね。住むところがあるだけ幸せ …

ファンデーションの色1つでこんなに変わるなんて。

いつ使い始めたのかさえ思い出せない程、そうとう長い間使っていたファンデーション。 最後は半分に切り、最後の最後まで使い切り^^;、やっと新しい物を買いました。   今回購入したのは、ちふれ化 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ