柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

自分の事

50代おひとり様が日常のこだわりを手放して楽になった3つの事。

投稿日:2019年1月11日 更新日:

こんにちは。

「野暮ったいままでいい。自分らしくありのままの暮らしを楽しむ」を今年のモットーに今のところ自然体で過ごしているみのりです。

 

最近は、小さなこだわり3つを手放す事に成功しました。

 

その名も「こだわり断捨離」

 

日常の中で私を縛り付けていたへんてこりんなこだわりの断捨離です。

 

おかず お米 干渉

 

父に持って行くおかず。

必ず手作りのおかずを持って行かなきゃ。と思っていたこだわりを捨てました。作りたくない時はお惣菜を持って行くようになりました。

お惣菜→父に対して悪い。罪悪感という気持ちが心にあったのですが、そんなこだわりな無用でしたね。お惣菜でも美味しそうに食べています。

父からは手作りもお惣菜も同じ感想をもらいます。「まるで宮廷料理じゃ」と。(笑)ようは、誰かと一緒に話をしながら食べれば何でも美味しいという事ですね。

 

お米

私って味音痴なのに、見栄はって高いお米を食べていました。少しずつ安いのに変えていって、最近は5キロで1080円のお米になりました。米粒が割れて細かいですが私達親子には何の支障もありません。

押し麦と一緒に炊いたり、簡単な炊き込みご飯を作ることがよくあるので問題なし。美味しくいただけます。

息子も何にも言わないし、味音痴の私と息子にはこれで充分みたいです。

それに炊き立てのお米は息子しか食べないんです。私はいつも残った冷やご飯で雑炊だし。考えてみれば5㌔1080円で充分でした。

 

息子への愛情(干渉)

長女と12歳も離れて生まれた3番目という事もあって、我が家のアイドル的存在の息子。「男の子ってどうしてこんなに可愛いの?」といつも目じりを下げて子育てしてきましたが、気が付けばもう18歳と半年。

 

目じりを下げて子育てしてる場合じゃないぞ!。という事で一歩下がってあれこれ日常の手助けをするのをやめました。例えば、

 

◆朝、何度も起こしに部屋に行く。(遅刻したら可哀そう)

◆夜ご飯も何時でもテーブルに用意してあげる。(勉強頑張ってるから用意してあげて当然)

◆朝、靴下とハンカチとって~の声に応える。(可愛くてつい・・・。)

 

ふと我に返ると、息子はもうすぐ大学生の一人暮らしになる予定なのに、これでいいわけない。という事で、心を鬼にして辞めてみたんです。

こちらとしては、心を鬼にして辞めたつもりでしたが、なんの事はない。息子はなんの違和感もない様子で、淡々と自分でこなします。今まで母親の趣味に付き合ってあげていた。みたいなね。

拍子抜けでした。笑

 

手放したこだわりは、今はこの小さな3つだけですが、これだけでもホッとしたというか、自由になれたというか、気持ちに余裕ができたというか。

私にとってとても意味のある手放しです。

 

芸や仕事でのこだわりはとても必要。けれど、日常の生活の中での見栄が見え隠れするこだわりは手放したほうが自分の為だと気づきました。

 

これからも、日常の中から「~じゃなきゃダメだ」の必要ないこだわりを見つけて、楽しみながら「こだわり断捨離」をしたいと思います。

今日もお読み頂きありがとうございました。

◆◆ こちらの記事もあわせてどうそ。◆◆

こだわりを捨て自分色に染められていくシンプル生活の50代おひと様。

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑
PVアクセスランキング にほんブログ村

-自分の事
-,

執筆者:

関連記事

消耗品はきちんと使い終わるクセをつけるという自分との約束

時間がある時に、お部屋紹介のYouTubeを見るのが好きです。 特に見入ってしまうのが洗練され整った洗面所に きちんと畳んだ白いタオル。 憧れます。 素敵でため息がでます。 その美しく素敵な動画の中の …

叶えられなかった夢は何色?

先日書いた「人生の刺繍の糸」の話ですが、ずっと心に残って心が安らいでいます。 今日もずっとこの話の事を考えていました。 そして思うのは、自分の叶わなかった夢の色です。 私はオペラ歌手になりたい夢があっ …

食費が減った分、息子に小包みが送れました。

こんにちは。 31年の長かった子育てが一応終わり、一人暮らし1か月めのみのりです。 一人暮らしになったら、料理しなくなるのでは?という周りからの心配もよそに毎日自分の為にご飯を作っている自分に自分で感 …

no image

結局最後まで全力でお世話になってしまいました。

    娘の術後が順調なので、私は一旦家に戻ってきました。 帰りの2時間半の道のりをグーグルナビを頼りに帰っている途中、「18㌔道なりです」とナビが言ったので、安心して走っていると …

ささくれた心を溶かす優しい声

一睡もできずに夜が明ける日も少なくない私です。 実家の東のカーテンをそっと開けると、天気の良い日は朝日が見えます。 そして、南側のカーテンを開けると、置物のカエルと目が合います。 ボーっと突っ立ってる …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ