柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

父の入院と60代の娘 認知症の父と私

年老いた親お世話する人される人。皆同じですね。

投稿日:2023年11月17日 更新日:

入院している認知症父の面会が出来るようになったので、顔を見に行って来ました。

久しぶりの面会でした。
父は細くなっていましたが、辛そうな顔もしておらず、私の声に反応しては少し顔を動かしていました。

指でお腹を掻いていたので、一緒に掻いてあげながら「どう?気持ちいい?」と聞くと、少し頷いたように見えました。

肩をさすってあげていると優しい表情になりました。
15分の面会ですが、気持ちよさそうな顔をして寝たので10分程で面会は切り上げました。

父のいる6人部屋には、父とほとんど同じようなご老人が寝ています。私と同じ年代の面会の方が、「お父さん気持ちいい?」と声をかけながらご老人の手をさすっていました。

皆同じですね。

帰り、父の洗い物を入れた大きな袋を持って病院の駐車場に行くと、同じような大きさの袋を持っている人がいました。透明の袋の中身はうちと同じような洗い物が見えました。

皆同じですね。

名前も知らないけれど、「頑張りましょうね!」って心で呟きながら病院を後にしたのでした。

◆「認知症の父と私」一覧

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

-父の入院と60代の娘, 認知症の父と私
-,

執筆者:

関連記事

あまりの疲労に鼻からコーヒーが流れ落ちたんです。^^;

今日は一日寝不足で、足元がふらついていました。 寝不足の原因は、夜中の父の唸り声。 なぜあんなに唸るのでしょうか。認知症だからでしょうか? 薄い壁の古い一軒家。たとえ間取りの端と端に寝ていても、まるで …

うち殺してやる!って、お父さん・・・。施設入所後父は豹変しました。

  昨夜は寝る前に明日は有意義な一日を送ろう。と心に決めていました。 もう、大変だった介護は終わった。とそう思っていたから・・・。 朝起きて、やることリストをスマホに書き、シャワーを浴びて朝 …

面会する度に認知症の父から教えられる事。

  今日は久しぶりに認知症父の話です。 1週間に1度の、15分の面会に行ってきました。 奥からニコニコ手を振りながら、車椅子を押されて父がやってきます。 私も手を振り、お父さんお久しぶりね。 …

認知症親の介護を段々と懐かしく思う自分の心。

  昨日、日記を書こうと日記帳を開くと、去年の昨日、認知症の父が初めてデイサービスに行ったと書いてありました。 私が送り迎えして、たった4時間でも行ってくれた事が嬉しかったのもつかの間、帰っ …

お願い、ずっと寒さに負けていて!

私の住む宮﨑も寒くなりました。 認知症の父は、寒さには勝てないらしく、例の味噌汁や冷蔵庫の中身やお茶の葉を夜中やぶに捨てに行くことがなくなりました。 ああ、寒さ様様です。 お茶殻を捨てに行こうとして、 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ