柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

認知症の父と私

認知症の父、突然その時はやってきた。

投稿日:

 

昨日から父の足が前へ一歩踏み出せなくなり、昨夜「自宅での生活が無理になったね。」と言うと、うんと素直に頷いた父。

そして夜中、ワシがトイレに行きたくなったらどうするかな?と何度も不安そうに私を呼び聞く父。心配ないよと言って紙パンツを2枚重ねて履かせました。
それが良かったのか、最初のおしっこは紙パンツに溜まっていましたね。
次は、明け方です。
明け方、大きな唸り声を発しながら必死でトイレに行ってました。よく転倒しなかったと思います。

今朝も、ほとんど自力では歩けませんでした。デイサービスから戻ってきても、玄関までにすごく時間がかかりました。

夕方、力を振り絞って歩いたので疲れたのか、いつも以上に気が変になってしまったかのように訳のわからないことを発して大変で、
だからベッドで寝かそうとするも、椅子から立ち上げれないし、立ってもそこから一歩が出なくて往生しました。

私も父の体重を支える力には限界があります。
父に何度ももう家での生活は無理だね。と言っても父は否定しませんでした。

一人でトイレにいけなくなった時が、施設に入れる時。
と思って介護をしていたので、ついにその時が来たんだなと思います。

せっかくデイサービスが週4日になったのに、早々と施設の準備になりそうです。
家でベッドの上で、下の世話は嫌です。
例え父でも嫌です。

今日は、父が立てなくなった事で、私の中での踏ん切りがつきました。
・・・と、ここまで書いたら、父がベッドから歩いて台所に来ましたよ。

あらー。歩けるの?
歩くなら歩く!歩けないなら歩けない!
ハッキリしてください!!!

振り回される私でした。

結局明日もこうやって振り回されるんだ・・・。はぁ。

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

-認知症の父と私
-

執筆者:

関連記事

今年の最後も父の見事なパフォーマンスで終わりそうです。笑

あと少しで今年も終わりですね。 今年最後の日の今日、朝は父が「とうとう子供が死んでいなくなった!」と叫び、 夕方は夕方で、私が「それは私の一張羅!!!」と叫んで2020年が終わろうとしています。 朝、 …

辛そうで可愛そうな認知症父。心が痛む私。

  今日はデイ無しの日。もしもデイサービスに行っていたら、もしも施設に入居していたら、父がこんな目にあわずに済むものを。 もしも・・・。もしも・・・。と何度も思った日でした。 朝のお漏らしは …

父の徘徊も夜中の唸り声も治まったのは安心したからでしょうか?

今日は朝から実家の押入れの物を一旦出して、パズルのようにすき間なくきれいにはめ込んでいました。 実家のどこに私の荷物を置く場所があるのだろうかと思っていましたが、 収納は多いのに、実家はその多さを活か …

トイレと廊下に敷き詰めた尿漏れ対策は後始末5分の大正解でした。

朝の6時に、「これはいかんなあ。よいこらしょ」と言って父がトイレのドアを開ける音がしました。 あ~、今日も垂れ流しなんだろうな。といつものように落胆したあとすぐに、「あっ!そうだ!シートしたんだった! …

還暦近い私の人生後半戦、お金に目がくらんだ結果は。

窓にはレースのカーテンしか無くても、足元は暖房無しでも、壁にはきれいな飾りも何もないけれど、でもでもそれでもやはりウチがいい。 ああ、私の小さなわが家。 今日は幾日かぶりに小さな間取りのわが家に夜戻っ …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ