柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

認知症の父と私

認知症父の記憶が戻る時の質問は決まって同じでした。

投稿日:

もうずっと父と面会出来ない日が続いていて、私の中で父の存在を忘れている日も多くなりました。
しかし、介護、ひとり介護 自宅介護、親の介護、認知症親の介護、
認知症親の自宅介護などの言葉を見聞きすると、父の事と、父の介護をしていた時の自分を思い出します。

今日はふとした瞬間に、かなり認知症が進んで記憶が10秒程しかない頃の父が「ワシは今、普通かい?」と私に聞いた時の父の顔が浮かんできました。

心配そうな顔をして何度も聞かれました。

良くて記憶が10秒程という位の認知症が進んでいるのに、ふと我に帰る事があるんだな。と切なくなったものです。

私が「うん、普通だけど、何か違和感あるの?」とさらっと答えると、
「それならいいんじゃよ。ワッハッハー」と安心したように嬉しそうな顔をして大きな声で笑っていましたっけ。

でも、笑い終わった瞬間から、聞いた事も笑った事も忘れているのですが。

父が私の返事に疑いを持たなかったのは、介護の初期から、少しずつ出来なくなっている父を子ども扱いしたりしないようにしていたのが良かったのかもと今でも思います。

そして、人って、どんな状態になっても、誰かに知恵を与えてくれる存在なんだよねって、父の些細な事を思い出すたびにそう思います。

今日は、実家の庭の害虫駆除をしてもらっている時に父を思い出しました。

父がまだ認知症が初期の頃、父が害虫駆除を自分ですると言うので、薬とポンプを買うのにあちこち店をまわり、1つ買っては壊し、また買いに行っては壊し、説明書も読まずに組み立ててはまた壊されてを何度も繰り返し、

あの時はホント泣きたかったなぁ。と父の事を思い出したのでした。

◆「認知症の父と私」一覧

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

-認知症の父と私
-

執筆者:

関連記事

父の目じりに付いた白い線。

今日は金曜日、 病院に入院している認知症父の面会に行ってきました。面会と言っても父は寝ているので身体を優しくさすってあげるしか私に出来る事はありません。 今日の父は、パジャマから出ている部分がたくさん …

介護中、それでも幸せは自分次第と思う時。

  今日は認知症の父のデイサービスの日。 私にとっては週2回の待ちに待った朝。父にとってはどうでも良い日?^^; そんな今朝の事、いつもは渋りながら行く父なのに、私の「今日はお風呂に行く日だ …

父の居た和室から野生動物の匂いが立ち込めるけれど・・・。

  認知症の父が使っていた和室の部屋ですが、動物園の匂いがします。 動物のおりの匂いがします。野生動物のおしっこの匂いです。 実家の和室は、畳やカーテンや壁に尿がかかり過ぎて、ただならぬ匂い …

今日で認知症親の在宅ひとり介護が終わります。まだ実感はありません。

  今日で在宅ひとり介護が終わります。 荷物を詰め終わりました。 父は、最後の朝に私に歩ける姿を見せました。 ・頭も正常になったの?と思う程しっかりしてる所を見せてくれました。 ・坐骨神経痛 …

誰も知らないはずの認知症自宅介護の大変さを見てくれていた人。

  先日書いた亡き母が出てきた時の話なのですが、→亡き母が娘の寝顔をのぞき込んでい話。 私はその後、子供達が帰って私一人になってからずっと、認知症父のひとり介護の時の事を思い出していました。 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ