柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

認知症の父と私

認知症で要介護4の父の優しい涙

投稿日:

 

父に、孫とひ孫にあげるお年玉袋に名前を書いてもらおうと思い、
施設に面会に行ってきました。

去年は、かろうじて自分の名前を書けたのですが、
・今年はどうだろうか?
・書けるだろうか?
・書けなくても仕方ないね。

と思いながら、一応お年玉袋8枚とサインペンを持って行ったんですよね。

ダメもとで職員の方から父にお年玉袋を渡してもらいました。
(コロナでカーテン越ししか逢えないので直接渡せない。)

 

私が父に、
毎年、孫たちがおじいちゃんのお年玉を楽しみにしているでしょう?今年もおじいちゃんからのお年玉袋にお名前書いて欲しいのよ。と言うと、

「お年玉?そりゃぁ、張り切って書かなならんばいの」と言い、

サインペンを持ち、お年玉袋に自分の名前をきちんと書きました。

薄いひょろひょろした文字ではなく、しっかりとした字で。

職員の方がびっくりしていました。私もホントに驚きました。

 

去年は、実家で父がお年玉袋に名前を書いている姿を見ながら、きっと来年はかけないだろうな。これが最後だろうなと思った記憶があるからです。

最後になるかもしれないと思ったので、無理に時間をかけてでも書かせたのですよね。

今年は、名前の見本も観ずに、カタカナと漢字で8枚を5分程で書き上げました。

 

おとうさん、ありがとう。おじいちゃんからのお年玉を孫たちが喜ぶね。と私が言うと、

父が孫は何人かのう?と聞いたので、
7人(長女のお婿君も含めて)にひ孫が1人よ。と言うと、

ワシの生きがいがいっぱいじゃのう。めでたいめでたい。と言って泣きながら笑っていました。

涙を拭きながら、
「お前もまごかい?」と聞くので、
「違うよ、私は孫のお母さんだよ。」と言うと、

「孫を産んで下さってありがとうございました。あんたにもお礼のお年玉をあげようと思いますが、ワシがこうして病気で外に出られんですから、わたしの家族から代わりに貰ってくださらんかな。」と優しい顔をして涙を拭きながら私に言いました。

それからも、何度も孫の人数を聞いては、ワシの生きがいだと言って泣いていました。

ああ、お父さん。
認知症が憎いね。

私もつられて泣きそうになるのをやっとこらえて別れました。

認知症で用介護4の優しい顔の父の涙は、胸が詰まります。

もしも、父の財産全てを使って治せる認知症の治療方法があれば、全額使ってでも治してあげたい。

そう思いながら帰ってきました。

 

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

-認知症の父と私
-

執筆者:

関連記事

認知症の父から頼まれていたけれど仕方ないの。

病院へ父の面会に行って来ました。 今日は、ちょうど目を大きく見開いて起きているところでした。 「お父さん、こんにちは。」と言うと、私の声で私の事が解ったような表情になったんですよね。面会早々嬉しかった …

施設入居の話をしたのは間違いだったかな。様子が変わる父。

 昨夜の11時頃、父の部屋からのドスンという音と父の唸り声で目が覚めました。 慌てて部屋に行くと、父が半袖の下着1枚になり、ベッドの横の部屋に座り込んでいました。 やっとどうにか父を立たせて、ベッドの …

認知症の部屋、マッチの火で焦げた残骸を見て思う事。

  今日は、天気も良かったので、実家の介護後の掃除をしました。 畳を拭いている時に畳の焦げた跡が目に入りました。 そして、焦げた座布団に、焦げた父のはんてん。 よくあの時家が燃えなかったと、 …

認知症親の介護を段々と懐かしく思う自分の心。

  昨日、日記を書こうと日記帳を開くと、去年の昨日、認知症の父が初めてデイサービスに行ったと書いてありました。 私が送り迎えして、たった4時間でも行ってくれた事が嬉しかったのもつかの間、帰っ …

認知症父の身の回りを改善しまくりました。

  明け方の4時半、父が唸っていたので部屋に行ってみると、ベッドから起き上がれなくて唸っていました。 そこで、私が背中を押してあげて立たせトイレに誘導。床が濡れませんでした。 次は8時。私が …


  1. より:

    こんにちは
    なんて心の優しいお父様でしょう。
    読みながら涙が止まりませんでした。
    認知症状は色々あります。
    介護職で働いていた時に携わった方は常に攻撃でイライラしている方。
    正反対に穏やかでいつも感謝の言葉かけをしてくれる方など色々ですが
    認知症になられたことは悲しいことですがお父様の受け答え言葉は素晴らしいですね。
    元々穏やかな性格だったのかも知れませんが全く人格が変わられる方もいるのですからお父様に感謝ですね。
    陰ながらお父様の毎日が穏やかに過ごせますように。

    • minori より:

      惇さん、こんにちは。
      父の事を褒めて頂き嬉しいです。ありがとうございます。
      実は、以前は、私は父の口から出る言葉が好きではありませんでした。
      家族から、家族の事親戚の事の良くない話を聞かされ、それを鵜呑みにし、あいつはああだこうだと悪口ばかり
      私に話をしていました。その洗脳された父の考えを2人で暮らしていた時解いてみました。
      すると、優しい父になったんですよね。私も驚く優しい穏やかな父になりました。
      父は施設でお世話して下さる方に手を合わせてお礼を言うそうで、喜ばれているようです。^^
      私もそんな父の様子を聞くと嬉しいです。
      ホントに父に感謝です。最近の父はお地蔵様のような顔になっています。^^
      惇さん、いつもお読み下さりありがとうございます。

  2. kurema-hime より:

    読ませて頂くたびに涙します。「認知症の父と私」から温かいものを沢山頂いています。

    • minori より:

      kurema-himeさま、こんばんは。
      いつもお読み下さりありがとうございます。今日は、父のお年玉袋の話を読んで下さったのですね。私も久しぶりに読み返し、当時の父を思い出して涙がでそうになりました。父は現在も変わらずまるで仏様のような表情で穏やかに過ごしています。
      コメントありがとうございました。これからもよろしくお願い致します。

      • KUREMAーHI ME より:

        遅くなりましたがお返事ありがとうございました。
        超アナログで、手書き(時々手描きの絵手紙)がもっぱらです。ブログコメントなど思ってもみなく(送る)をポチッとにしっかり悩みましたが、
        ちゃんと届いて(凄いわ〜)と痛く感心‼︎
        半年程前からたまたまの出会いで読ませて頂き、今では一日の
        (締めのブログ)となりました。

        私も消灯後(今日のベスト5)を挙げて「上等な一日でした」と感謝の合掌。
        お返事したいなぁと思うものの……ここまで30分余、目が疲れて来ます。
        今日の記事へのコメントを兼ねてまとまりませんがー。

        • minori より:

          KUREMAーHI ME様、こんにちは。
          以前のコメントは勇気をだして送信してくださったのですね。私もその時のポチッしたが気持ちが解るので嬉しいです。消灯後、感謝の合掌。素敵ですね~。私は思い出している最中にそのまま夢の中と言う日もしょっちゅうなのでいい加減な習慣なのです。^^;
          一日の締めのブログにして頂いているなんて光栄です。^^ありがとうございます。またいつでもコメントくださいね。
          これからもよろしくお願いいたします。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ