柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

認知症の父と私

施設の父を家で何泊かさせてあげたい私です。

投稿日:

1週間ぶりに父の面会に行ってきました。

料理好きな方から頂いた手作りのおはぎが美味しくて、おはぎが大好きな父の喜んで食べる顔が脳裏にちらついたので、急遽施設に面会を頼み、おはぎを手土産に行ってきました。

最近父は、しっかりした顔つきをしています。とても認知症とは思えないしっかりした顔つきをしています。今日も、

「あれ?もしかして認知症治ったの?」

と錯覚するほどしっかりした表情で私を見ていました。

そして父が、なんで俺はここにいるのかね?と真面目な顔をして聞いたので、

私は、話をそらして、庭のミカンの木やキンカンの木、むかごが出来ている話をしました。

そうすると、「お前の住んでいるところに帰りたい」と父が言い出しました。

だんだん悲しそうな顔つきになり、ここに居ても為になる知識が増えないと言い出し、

おはぎ大好き父が、おはぎを美味しいとも言わずに考え込んだ顔をして、黙々と食べていました。

前回は、庭の様子をニコニコして笑いながら聞いていたのに、今日は真逆の真剣な顔で「連れて帰ってくれ」と・・・。

おはぎの味で、故郷や自分の親、兄弟を思い出したのでしょうか?

次からは、故郷を思い出すような物は避けた方が良いのかなぁ。と思いながら帰ってきました。

 

父が施設に入所してから5ヶ月。

入所したばかりの頃、家に帰りたくて施設で暴れて暴言を吐く父の事を可哀そうで仕方ない私が、

「家にベッドがなくなった今、父を家に泊める時にはどうしたらいいのでしょうか?」と聞いた私に、

ケアマネさんは、「お父さんの帰る所はもう家ではなくて施設ですから。」と言ったけれど、

最近の私は、1泊くらいたまには泊まらせてあげたいと思うようになりました。

自宅の介護を終え、施設に入所されたご家族を、自宅に泊めた経験がある方がいらっしゃれば、ぜひ、体験談をコメントで教えて頂きたいです。

今日は、なんだか父の認知症の状態が少し落ち着いているとしか思えなくて、少しでも自宅の雰囲気を味あわせてあげたくなる気持ちが大きくなってしまった私です。

考えが甘いかなぁ。

前回の陽気なだけの父とはまるっきり違い、全てを思い出したような父に戸惑っているだけかも知れませんが・・・。

施設に入所させた以上、こういう気持ちは封印するべきなのかな?

親を施設に入れた人が、「ずっとずーーっと子供の立場は苦しいよ。」と言っていた事を思い出します。本当だなぁ。と思いますね。

  今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

-認知症の父と私
-

執筆者:

関連記事

私を心配する認知症父に涙です。

今日も不足分の日用品を持って施設に行ってきました。 父が施設に入所して今日で4日目です。 そして私は、認知症なのに私の事を心配して「娘が心配だから帰る。」と言ったという父の話を聞いて号泣してしまいまし …

認知症父の施設での幸せな様子がたまらなく嬉しい娘です。

父の3回目のワクチン接種の問診票を書きに、施設に行って来ました。 今はコロナで面会出来ませんが、父は元気にしているという事でした。 そしてなんと、対応して下さった職員の方が、偶然にも父の故郷の近くの出 …

夜中に逆さまでおしっこまみれという光景。

  認知症親のひとり自宅介護 今日も嵐のような一日が終わろうとしています。と書きたいところですが、 認知症父の場合はこれから先の夜中からが本番です。 家にいながら、毎日施設で夜勤を担当してい …

こんな行き場のない不安と恐怖に苦しむ事は予想外でした。

先日、認知症の父と私の間で、私が大爆発するような父の言動があり、「いい加減にしてーーー。!!!」と大声で叫んでしまいました。 次の瞬間、血管が切れたかも。と思った程です。 それ以降、認知症の父を毎日み …

もういいわ年寄りで。^^;

相変わらず私の事を「老人や年寄り」と言っている父ですが、 親から年寄りか老人かドロボーと言われます。^^; 今日も「お前は老人にしては声も顔もツヤがあるし、何といっても元気がいい。きっと長生きするぞ」 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ