柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

認知症の父と私

認知症親の介護を段々と懐かしく思う自分の心。

投稿日:

 

昨日、日記を書こうと日記帳を開くと、去年の昨日、認知症の父が初めてデイサービスに行ったと書いてありました。

私が送り迎えして、たった4時間でも行ってくれた事が嬉しかったのもつかの間、帰ってくるなり、「財布が盗まれた。女のドロボーがいて、ワシの金を盗むところを見た」と目が座った凄い顔をして手が付けられなかった事を思い出しました。^^;

 

それからしばらく「あんな悪人がいる所には死んでも行かん!」と言っていたのも懐かしいですね。

私は認知症の人って本当に「財布が盗まれた」と言うんだと変な関心をしたのも思い出されます。この「財布を盗まれた」を聞いて、父は本当にまぎれもない認知症患者なんだと思い知らされた一言でもありましたね。

 

それからしばらくして本当に財布が無くなった時があったんですよね。

いつも入れているところに財布が無くて、実家中探してもなくて、つい、「お父さん財布知らない?」と父に聞いた時、父が迷いもなく冷蔵庫を開けて財布を探している姿を見た事がありました。

その時も、これが認知症なんだなぁと、本物の認知症の姿を記録しようと思う気持ちと、悲しい現実がまた増えたという家族介護者としての悲しい気持ちが入り混じりながら、父の冷蔵庫を隅まで探す姿をボーっと見ていた事が懐かしいですね。

 

それから父は財布は私に預けてくれて、デイサービスの再開後も、財布の事もお金の事も何一つ言わなかったのは有り難いことでした。

 

去年の今頃は、認知症父の様子はこんな感じだったんだなぁと懐かしいですね。

あんな事もこんな事も小さな事も、頭を抱えた大問題ですら、今は懐かしいです。

 認知症の父と私

 

 今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

 

-認知症の父と私
-

執筆者:

関連記事

愚痴を吐かずにやってられる訳がございません。

今日はいつも以上に立て続けに父の言動に振り回されたので、 逃げるように実家を出て、久しぶりに我が家の小さな空間で昼の4時間を過ごしました。 と言っても、ホッとして4時間寝てしまったのですが・・・。 も …

今日の介護は疲れた。

今日は久しぶりに認知症父に手を焼きました。つかれたので、スマホに記録している介護記録をコピーします。^^; 朝台所に濡れたズボンが脱ぎ捨ててあった。紙パンツはどうした?肝心な時にはいつも履いていない。 …

認知症父から無理やりダイエットをさせられる?

  自宅の荷造りの最中にちょこちょこ実家に戻ると、 短時間にあれやこれや何かしらが起こってます。 昨日はこんなことになっていました。 父が朝カーテンをパーンと力ずくで開けるので 、カーテンレ …

あまりの疲労に鼻からコーヒーが流れ落ちたんです。^^;

今日は一日寝不足で、足元がふらついていました。 寝不足の原因は、夜中の父の唸り声。 なぜあんなに唸るのでしょうか。認知症だからでしょうか? 薄い壁の古い一軒家。たとえ間取りの端と端に寝ていても、まるで …

父の居た和室から野生動物の匂いが立ち込めるけれど・・・。

  認知症の父が使っていた和室の部屋ですが、動物園の匂いがします。 動物のおりの匂いがします。野生動物のおしっこの匂いです。 実家の和室は、畳やカーテンや壁に尿がかかり過ぎて、ただならぬ匂い …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ