柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

認知症の父と私

認知症親の介護を段々と懐かしく思う自分の心。

投稿日:

 

昨日、日記を書こうと日記帳を開くと、去年の昨日、認知症の父が初めてデイサービスに行ったと書いてありました。

私が送り迎えして、たった4時間でも行ってくれた事が嬉しかったのもつかの間、帰ってくるなり、「財布が盗まれた。女のドロボーがいて、ワシの金を盗むところを見た」と目が座った凄い顔をして手が付けられなかった事を思い出しました。^^;

 

それからしばらく「あんな悪人がいる所には死んでも行かん!」と言っていたのも懐かしいですね。

私は認知症の人って本当に「財布が盗まれた」と言うんだと変な関心をしたのも思い出されます。この「財布を盗まれた」を聞いて、父は本当にまぎれもない認知症患者なんだと思い知らされた一言でもありましたね。

 

それからしばらくして本当に財布が無くなった時があったんですよね。

いつも入れているところに財布が無くて、実家中探してもなくて、つい、「お父さん財布知らない?」と父に聞いた時、父が迷いもなく冷蔵庫を開けて財布を探している姿を見た事がありました。

その時も、これが認知症なんだなぁと、本物の認知症の姿を記録しようと思う気持ちと、悲しい現実がまた増えたという家族介護者としての悲しい気持ちが入り混じりながら、父の冷蔵庫を隅まで探す姿をボーっと見ていた事が懐かしいですね。

 

それから父は財布は私に預けてくれて、デイサービスの再開後も、財布の事もお金の事も何一つ言わなかったのは有り難いことでした。

 

去年の今頃は、認知症父の様子はこんな感じだったんだなぁと懐かしいですね。

あんな事もこんな事も小さな事も、頭を抱えた大問題ですら、今は懐かしいです。

 認知症の父と私

 

 今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

 

-認知症の父と私
-

執筆者:

関連記事

後期高齢者として生きる父の年金を上手く使いこなす介護の大事な意味。

途方に暮れていた父の介護ですが、やっとデイサービスが来週から ・週1で一日4時間から ・週2で一日6時間になりました。 という事は、私が週2日、6時間も父と離れる事が出来るようになったという事です。 …

デイサービス様様様と思った日。

朝、私は6時に起床。 ・台所を見ても父が夜中うろついた形跡なし。 ・廊下やトイレを見てもおしっこを漏らした形跡無し。 嬉しくて父を起こしトイレに誘導。 トイレの前の洗面所まで行ったので安心して私は台所 …

エアコンのコードを切ろうとハサミを持つ認知症父の姿を思い出しました。

    長女と電話で話している時に、札幌のほうが宮﨑よりも気温が高かったりする、今年の北海道の異常気温の話になったんですよね。今日も札幌は34度!あり得ないですよね。 そんな話をし …

2種類の涙。

昨夜、北海道の長女に赤ちゃんが産まれました。 大切な宝物が1つ増えました。 そして昨夜の私は、2種類の涙が出ました。 1つは、初孫が無事産まれてきてくれた事の嬉し涙。 もう1つは、施設にいる認知症の父 …

認知症父と私の日記から。

疲れが半端ないので、スマホに書いている今日の介護記録をコピペします。 =私の日記から= ・ 昼、父のいない間にお風呂で湯船に浸る。自分の頭から父のおしっこの匂いがしてきてショックだった。というか私の大 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ