柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

認知症の父と私 高齢の父の事

愚痴を吐かずにやってられる訳がございません。

投稿日:

今日はいつも以上に立て続けに父の言動に振り回されたので、

逃げるように実家を出て、久しぶりに我が家の小さな空間で昼の4時間を過ごしました。

と言っても、ホッとして4時間寝てしまったのですが・・・。

もったいないことです。自宅に戻ったらやりたい事たくさんあったのに。

夕方4時前、しぶしぶ実家に戻ろうとするけれど、頭と体が嫌がって足取り重く、やっと自分で自分を慰めながら実家に戻ってきました。^^;

本当に足と体が動かないんですね。登校拒否の子供の気持ちがわかりましたよ。

今日は、また朝から父が私のお気に入りの大切な大判ストールを全身に巻き付けて起きてくるという、↓これです。泣

衝撃な姿を見てしまい自分の感情を抑えるのにかなり我慢をし、

血圧が上昇中のなか、涙目になりながら風合いが悪くなったストールにブラシをかけました。

(去年の暮れは私のコートを着て寝ていた父→こちら

珍しく近所の人の事を聞いてきたので答えると、

「認知症になった?そりゃあもう人間として生きていても仕方ないわい。家族に迷惑をかけるだけじゃわい。情けない生き方じゃのう」と何度も何度もいう父。

自分はどうなの?認知症の自分は?

もういい加減腹が立って、もう少しで

「お父さんも同じ認知症で、施設にも入らず娘の私に毎日世話させて迷惑かけてるじゃない。解ってるの?」
と言いそうになるのを、グッと堪えました。

この時点で頭が割れそうに痛かったです。

朝ご飯が終わったばかりなのに、ご飯はまだかい?と何度も繰り返し聞く父に対応したり、

(そうそう、今朝もあっという間に味噌汁を鍋ごと流しにひっくり返されたのでした。)

歯磨きをすれば、まだ歯磨き粉の匂いも残っているのに、洗面所に行って歯磨きを繰り返す姿を見て止めない自分に腹が立ったりして、

とうとう最後に、こたつに座り込んだら中々立てないのに、そんなことはない!と言って、地べたに座り込んだ父を見て、もう限界で自宅に戻ってきたのでした。

自宅に戻り玄関を開けてホッとしたのに、なんだか無性に腹が立って、ソファーを蹴りました。^^;

ソファーにはなんの罪もないのに、蹴り続けそのソファーで眠り込むという・・・。^^;

そしてしぶしぶ実家に戻ると、また現実が。

私の顔を見た父が一言。
「何年ぶりかのう。いったい今までどこで何をしてたんじゃな?」だってさ。どんなに尽くしても、1ミリも覚えていない。

ちょっと質問してみたんですよね。

私がずっといない間お父さんどうやって暮らしてたの?と。

するとこんな返事が返ってきました。

「なあに、毎日自分で料理したり家事をしたりしてたぞ。単身赴任で鍛えておったから一人暮らしは慣れとるぞ。心配は及ばん」

やはり毎日の私の事は1ミリも記憶にないんだね。
お父さんの頭の中では毎日一人暮らしなんだね。

解っているけど、だけどあんまりな返事に介護をやる気が無くなっちゃうよね。もしかすると、父は認知症専門の施設に入ったほうが、家に居るより幸せなんじゃないかって思えてきだしました。そんな経験も持ったかたがいたら教えてください。

お風呂に入れば、たった20分程の間に、ドロボーと間違われ、ドアを開けようとドンドン叩かれ、私のスマホにドロボーがいると電話をかけまくられる私。

 

明日もまたお昼自宅に戻ろう。そしてケーキ食べよう。明後日も帰ろう。大きなケーキ食べよう。

だれか待っててくれる人でもいればなぁ。贅沢か。笑

 

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

-認知症の父と私, 高齢の父の事
-

執筆者:

関連記事

腹も立てずに優しく寄り添えた日。

今日は認知症父のデイサービスの日でした。 デイサービスと言っても、私が連れて行きお風呂に入ってご飯を食べるだけ。 すぐに帰ってきます。 週に1度たった4時間なのに、父はいつも「命からがら戻ってまいりま …

介護の疲れ。音も人の声も雑音です。

  介護の疲れ。音も人の声も雑音です。 本当はとても疲れる父のお世話。 けれど、疲れるなぁと思いながらお世話をすると、そんな気持ちが態度や顔に出ちゃうといけないと思い、父の前では元気なふりを …

誰も悪くないのに。

  いつの頃からか、「父のお世話」と言っていた言葉を「父の介護」と言うようになりました。 もう、お世話という生易しい言葉では済まなくなったんですよね。 昨日スーパーで2個セット半額の贈答品用 …

今年の最後も父の見事なパフォーマンスで終わりそうです。笑

あと少しで今年も終わりですね。 今年最後の日の今日、朝は父が「とうとう子供が死んでいなくなった!」と叫び、 夕方は夕方で、私が「それは私の一張羅!!!」と叫んで2020年が終わろうとしています。 朝、 …

父と家族の介護日記まとめ

こんにちは、みのりです。 こちらは、87歳から少しずつ変わってゆく高齢の父の様子と、親の介護にあたり家族の考え方の違い、苦悩を綴っています。 父親を介護する私の気持ちや、父の認知症の進行、介護する妹と …


  1. ぷぷ より:

    以前にも一度コメントさせていただいたぷぷです。その後コメントを差し控えさせて頂きましたのは他人が色々と口を挟むのもどうかと思ったからです。
    ・・ですが毎日ブログを拝見していてもう限界でいらっしゃるのでは無いか 施設にお願いするのも一つの手では無いかと思いました。もう充分すぎるほど頑張られたと思いますよ。
    このブログをケアマネさんは読んでおられますか?もしもこの内容を把握していたらすぐにでも施設を紹介してくれるはずです。何故かというといつ何時たいへんな事態が起こっても不思議では無いように思われるからです。火事とか行方不明とか。
    たぶんご自分ではどこまで頑張るべきかの判断が出来なくなっていらっしゃると思うのです。
    今現在なんとかお父様との暮らしが成り立っているかも知れませんがそれはただの奇跡だと私は思ってしまいます。

    もうこれ以上自分を犠牲にする事は無いと思いますよ。これまで良く頑張りましたね〜♡♡ ご自分の人生を歩みましょうよ。
    そしてこれからも私は遠くから(ブログを通してですが)見守っていますよ〜。

    • minori より:

      ぷぷ様、こんばんは。
      いつも心配してくださるコメントありがたいです。ありがとうございました。
      こうして、他の方からの外側から感じたご意見が無いと、私ももうすでに感覚が麻痺していて
      自分の事が解らなくなっていることが自覚できるのでとても有難いです。
      私達の住む宮崎は、コロナの介護施設のクラスターが頻繁に起こり、まだ施設の見学が出来ない状況で、
      私も少し焦っているところです。このコロナの状況の中、入居費用も安くすぐ入居できるところもあるにはあるのですが、
      ケアマネージャーさんからはあまりあススメは出来ないと言われました。考えたらそうかなと・・・。
      通えるようになったデイサービスも週1で空きがなく、ショートステイ(1日お泊り)は1泊1万円弱で月に何度も利用する事に勇気が要り、
      中々利用できないでいます。
      となると、コロナが落ち着くまでずーっと今のままが続きます。

      本当に今何も起こらないのがキセキですよね。
      本当は私も大変な事が起きたらどうしようとビクビクしています。
      1度、法律を学んでいる息子に、「責任を放棄して認知症家族を一人にしていた時に死亡させたら罪になるのか?」と
      聞いてしまったほど、本当は私の心は追い詰められています。でも、日々の大変さに麻痺してしまっています。
      今日、ここにコメント頂いて本当に嬉しかったです。
      コロナが落ち着いて施設が見学できるようになったら、すぐに行動を起こしますね。
      温かい励ましのコメント、ありがとうございました。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ