柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

認知症の父と私

コタツの上に靴下を並べた認知症の父の気持ち。

投稿日:

間違い探しが新聞のチラシに入っていました。

これなら父にも出来るかも!

コタツで口を開けて寝ている父を起こして

チャレンジさせました。

この程度だったら5分程で出来るかなと思っていましたが、

15分何とか頑張って、出来たのは2個でした。

それも、私が随分誘導して出来た2個。

かなり集中力がなかったです。

絵を見ていても、すぐに今自分が何をしているのか忘れていましたし、

見ている間に何度も寝てしまいました。

日頃の父をみているので、ある程度想像は出来ましたが、

かなりの低下に、結構ショックでしたね。

その後、間違い探しで頭を使わせたかなと思い、

台所でお茶の用意をしている間に、

コタツの上は、こんな感じになっていました。

きれいに並べたのだとか。

靴下も並べてありました。

いつも、こたつの中で暑くなって靴下を脱いでは無い無いと探し回るので、

忘れないように良く見えるところに並べたのかな?と思い、

「靴下まで並べたんだね笑」と冗談ぽく私が言うと、

「お前が探さないように見えるところに置いた」と言いました。

置き場所は変ですが、私を思いやっての置き場所だったんですよね。

なんだかジーンときました。

間違い探しが出来なくても、

こういう気持ちがあるだけでいいや。と思ったある日の午後でした。

認知症の父と私

認知症の父の記録

妹の事

 

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

-認知症の父と私
-

執筆者:

関連記事

施設入居の話をしたのは間違いだったかな。様子が変わる父。

 昨夜の11時頃、父の部屋からのドスンという音と父の唸り声で目が覚めました。 慌てて部屋に行くと、父が半袖の下着1枚になり、ベッドの横の部屋に座り込んでいました。 やっとどうにか父を立たせて、ベッドの …

20分近くで110万円渡した認知症とお金についての話です。

  突然頭が冴えた認知症父は、 普段は父の頭の中では死んだ事になっている兄が今日は生きていました。 生き返った事は嬉しいのですが面倒な事に、「学生だからお金をあげなきゃいかん!」と言って聞き …

お願い、ずっと寒さに負けていて!

私の住む宮﨑も寒くなりました。 認知症の父は、寒さには勝てないらしく、例の味噌汁や冷蔵庫の中身やお茶の葉を夜中やぶに捨てに行くことがなくなりました。 ああ、寒さ様様です。 お茶殻を捨てに行こうとして、 …

認知症父が搬送拒否された時を思い出します。

  テレビをつけると、コロナ感染患者の搬送先が無い現実が流れ、胸が締め付けられます。 搬送先が見つからず、患者と家族が自宅で大変な思いをして過ごしている映像や、お年寄りが一人で自宅で耐えてい …

1日が父で始まり父で終わる認知症ひとり介護も最終段階に入りました。

最近は、朝父の部屋に行くと、父は畳に落ちています。歩けると錯覚してベッドから一歩踏み出してなだれ込むように体勢が崩れるのだと思います。 そんな父を見ても慌てず、車椅子に乗せる事が出来るようになりました …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ