柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

父の認知症

認知症親への優しさの加減が難しいところです。

投稿日:

 

実家で認知症の父の自宅介護をしています。

現在の父は

•要介護1

•トイレ、お風呂は自分で出来る。

•服も自分で着替える、

•ご飯も何でも食べる。

•話は一方通行だが、よく喋る。

こんな感じです。

まだまだ一人で出来る事が多いので、

9月からは、自分の時間も大切と考え、

私の介護時間は、

•午前8:45~12:00

•午後 3;30~6;45

という時間に加え時々お泊りをするという感じでやっています。

自分にとっても快適な介護スケジュールです。

 

それが昨日、昼間帰るタイミングを逃し、一日中実家にいたんですね。

そうしたら、私の心が乱れ始めて、イライラするわ、呼吸が苦しくなるわでとてもしんどい思いをしました。

夜自宅に戻っても、呼吸が苦しくて勝手に涙がこぼれる始末。

 

認知症ゆえの妄想からの奇怪な行動や聞きたくもない汚い言葉やののしり言葉。

それを全て受け止めて受け流すのは、まだ少しは耐えられますが

前にも少し触れましたが、私に対して毒親だった母の事を美化する言葉。

これには、私の心が拒否反応を示し、呼吸が苦しくなり大変でした。

 

昨日は、宮崎も少し肌寒くなり、父がこたつに入って寒いを連発していた姿を見ていたら、

一緒にいてあげようという気持ちになり、昼間自宅に戻るのを辞めたんですよね。

 

やはり、介護をしていても、父から一旦離れる事はとても大事。つくづく思いました。

優しさが裏目にでた結果になりました。

 

父の介護は、トイレもお風呂も介助がないのでその点は楽ですが、

HSP気質の私には、妄想からの暴言や美化された母を頭で処理するのがしんどい。

認知症親への優しさの線引きが難しいところです。

 今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

-父の認知症
-

執筆者:

関連記事

嫌だ嫌だと言い続けても解決の道は残されてないのに往生際の悪い私です。

  昨夜、夢にうなされて飛び起きました。 大きな声で「待ってください!」と言って飛び起きたと思います。 夢の相手は不動産屋さん。^^;   実家の父はもう一人では暮らせない程おかしな行動が2 …

認知症の父に忘れても大丈夫!私が覚えているから。と伝えました。

10分前の記憶がほとんど消えてしまう父は、認知症でありながらも自分の記憶が無くなっていくことにとても不安を感じています。 なので、お世話をしている私は、なるべく私のほうから10分前の出来事を聞き返した …

父にはやってあげられなかった病院付き添いをして思う事。

  ご近所で一人暮らしの高齢者の方が、一人でコロナワクチン接種に行くと言うので、接種する病院も近いし、付き添いとして一緒に行ってきました。 80代後半のこの方は、耳も遠いし、最近まで入院して …

介護の怒りの矛先は父ではなく亡くなった母にでした。

昨夜またも途方に暮れるような事が起こり、私が半泣き状態で父を介抱しているさなか、認知症で何も覚えていない父は、私が手当てした包帯やガーゼをかたっぱしから外してしまいます。 やっとベッドに寝かしつけた時 …

認知症親のひとり介護3ヶ月に入って思う事

  休みなし1日12時間のひとり介護が3ヶ月目に入りました。 今年の夏は、猛暑でしたので、クーラーも扇風機もその使い方を忘れてしまった父を、一人にすると熱中症になるかもしれない不安から、朝か …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ