柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

妹の事

言葉の暴力の破壊力は想像以上です。

投稿日:2020年5月11日 更新日:

ここのところ、妹からの7枚の手紙を読んでからというもの、
胃が常に重くて食欲が無いし、気を張っていないと胸が苦しくて泣きそうになるし、夜眠れないし、寝ても変な夢ばかりみています。

 

かなり打撃を受けてます。^^;

 

この7枚の手紙、出だしからあまりに強烈な事が書いてあり、

1枚目の途中までしか読む勇気がなくなり、そのまま引き出しにしまい込んでいたもの。

それが、最近の父のお金の引き出し騒動で、読む羽目になってしまったんたんですよね。

 

ただ、あまりにもヒドイ攻撃的な文章で、途中何度も手紙を放り出し読み終えるのに時間がかかり、

途中、もう読むのはよそうと何度も思いましたが、この先にお金の事が書いてあるかもしれないと思い結局最後まで読みました。

 

お金の事は書かれてなく、どれだけ姉の私の事が嫌いかがレポート用紙7枚にぎっしり書かれいるだけでした。

 

「声を聞いても顔を見ても、文字を見てもアレルギーが出る。ゲドがでる。」

ここが一番心が堪えたかな・・・。

(今でも手紙のここの文字が頭に浮かぶ位だから。)^^;

 

とにかく、私の何もかもが大嫌いで目障りで嫌悪感の塊だと書いてありました。

こんな感情、例えどんなに嫌いな相手でも、伝えていいのでしょうか?

しかも、親の介護を協力してやっていかなければならないこんな時期に・・・。

 

直球で言われた私の心は、それを読んだ日からどうもおかしいのです。

気を張っていないと崩れてしまうのがわかるんですよね。

でも、読んで良かったとも思っています。

ここまで嫌われているとは知らずに、アレルギーが出る文字で時々連絡取っていたからね。

手紙に書いたのに、まだわかんないヤツと思われていたでしょうからね。

とにかく、すごく心が痛んで治りません。

言葉の暴力ってすごい破壊力がありますね。

 

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑
PVアクセスランキング にほんブログ村

-妹の事
-

執筆者:

関連記事

お祝い金と心の葛藤

    自分の子供の事が少しずつわからなくなってきている父。 兄の事は私が毎日話をするので、時々父の中で死んだり生き返ったりしますが、 もう一人の姉妹の事は私が話をしないので、父の会話にも話 …

2人が無理して歩み寄る理由なんてこれっぽちもないのです。

  妹からの手紙が実家に置いてありました。 内容は、父の介護認定の更新がくるので、私が父のお世話をしていて気づいた事を教えて欲しいという事でした。   そして最後に、更新の日に「話 …

親の介護に疲れた時に出る涙

最近、突然ボーっとしたり涙がこぼれたりする事が多くなりました。 あんなに息子が自分の手から離れて自由な一人暮らしをしたかったのに、いざ一人暮らしになると心に穴があいたように寂しい事や、 実家で一人で住 …

親の介護で知る妹の異常な性格に私が下した結論

こんにちは。 やっと介護ストレスのスイーツのやけ食いが止まったみのりです。 妹に思い切ってこれまでの事を手紙で聞いてみた結果、私は父の日常のお世話以外、一切関わらない事が自分の身の為だと思うことができ …

人を不愉快にするのが得意な人。

またまた今回もメールがきました。あの姉妹から。 前回は気持ちよく迎えた元旦1月1日の朝でしたが、 今回は父の誕生日祝いを終え、幸せに浸っている時でした。 昭和6年生まれの89歳の誕生日は親子でうれし泣 …


  1. ちょこ より:

    minoriさんお辛かったですね。
    多分妹さんには一緒に協力してという
    気持ちは無いのだと思います。
    私も母の介護で姉からの一方的な圧力を
    受け病室や帰り道で何度涙した事か
    帰れと言われた事もあります。
    母も姉の味方でしたので二人に言われ
    廊下で泣いて看護師さんになぐさめられ
    た事も数知れず、良い年なのにねぇ。
    理由もわからず嫌われ苦しい連続でした
    親子姉妹でもそういう虐めは存在します
    嫌いに理由を見出そうとしても御自分を
    いじめるだけで余計苦しくなります。
    あなたが素敵な人だから妹さんはあなたが嫌いなのです。
    だからあなたは今のままが良いのです。
    あなたは充分頑張っていますよ。
    素敵な娘さんや息子さんが大事な家族
    妹さんではないのです。

    • minori より:

      ちょこさん、こんにちは。
      いつも心が前向きになれるコメントありがとうございます。
      今朝、やっとベッドから起き上がり、重い頭でコーヒーを飲み、
      いつもとは違う朝のルーティーンでパソコンを開くと、
      ちょこさんからの暖かい励ましのコメントがきていました。
      ちょこさんも介護での数々の辛いご体験をされたのですね。
      昨日も嫌味メールで萎えていたので、私だけではないと救われました。
      最後に書いてあったように、大事なのは私の子供達。
      私の家族のために前向きに頑張ります。
      いつも本当にありがとうございます。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ