柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

ひとり親家庭の大学進学 子供達の事

ひとり親家庭の大学進学はお金の不安と免除申請が忙しい。

投稿日:2019年4月12日 更新日:

 

こんにちは。

息子の大学進学で、お金が竜巻にでもさらわれたかのように飛んでいったみのりです。

 

そして、想像以上の出費でクラクラしている私に、更に

 

授業料免除の申請

•ある大きな財団の無償奨学金の申請

•やっと見つかった息子のアパートの不動産の手続き

 

という莫大な書類提出の山がのしかかり、頭がパンク寸前です。

 

日々、膨大な提出物を揃えながら、学費援助を断ったあの日の事を思い出します。

 

私、離婚が決まった時に、宗教DV夫の母親から、将来孫が大学に行ったら学費を援助してあげても良いと言われたんですよね。しかも良い大学が条件でと。

断ったんです。良い大学が条件ってなに?ってカチンときたのもあるし、

当時の私は、学費を援助してもらう代わりに、写真を送ったり会わせたりの要求が向こうの家族からくる事が怖かったし嫌だったんです。

だからきっぱりと断りました。

 

その時息子は14歳、中学2年生でしたから、大学の学費はまだまだずっと先の事に思っていたのもありますし、

そんなこと要求されたら、離婚の真相を知らない向こうの家族に、我慢していた感情が爆発するかもしれないと思ったのもあります。

 

とにかく、どんな事があろうと2度と接触はごめんという気持ちでした。

 

しかし、その断った判断は今、冷静になってみると複雑です。

息子の為と思えばすべてを我慢すべきではなかったのかなぁなんて思います。

 

必死で大きな財団の返済無用の奨学金申請の手続きやバイト募集を探している息子の様子を聞くと尚更です。

もしも、学費援助を断っていなければ、息子もこんな大変な思いをしなくても済んだはずですもの。

 

とはいえ、あの頃はどうしても元夫との関りを断ちたかったんですよね。

金輪際かかわりを持ちたくなかったんです。

それにあの当時は、こんなに大学入学にお金が掛かるなんて思ってもみなかったんですよね。

 

大学に入るってとんでもなくお金がかかるんですね。これでもか!ってくらいに次から次に支払いがあります。

国立大なのに、まだ授業料も払っていない段階ですでに息子の為に18年貯めたお金が飛んでいきました。

 

慰謝料も養育費も貰っていない年収100万以下のひとり親が出来る事は、この貯めたお金を使う事までです。

これ以上は、かなり無理がかかります。

なんとかなるだろうと思っていた息子の為に用意していたお金は、あっという間になくなりました。

 

ずっと前に私の知り合いにこんな人がいました。

子供3人を引き取って旦那様と離婚しました。

大変な思いをして別れたのに、離婚後も元旦那様の言いなりで、その見返りにお金を貰っていました。

そして、今まで住んでいた家にも家賃は払わず住み続け、子供3人の学費も留学費用もすべてお金を出してもらっていたんですよね。

その当時の私はそんな知り合いの事をふーんといった感じであまり良い印象を持っていなかったのですが、

今その知り合いの事を思い出すと、いいなりになった見返りにお金を貰っていたのは、ただただ子供の為だったんだ、と今なら痛い程解ります。

子供の為に我慢していたんですよね。

その証拠に、3人の子供達が大学を卒業すると、元旦那様との一切の縁を切りました。

辛かったと思いますが、この人の選択は良い選択だったと今の私には思えます。

子供達が何のお金の不安もなく勉強に力を注ぐことができたのですから。

 

私は離婚したばかりで援助の話があったので感情がもろに出てしまって即断ったけれど、

もしもひとり親で大学受験を目指している子供がいるあなたの元夫やその家族が、学費を出しても良いと提案してくれたら、感情は横に置いてありがたく貰ったほうが賢いような気がします。

 

そんなこんなを思いながら、膨大な書類に何度も目を通し、提出物を用意する4月の私です。

 

◆◆◆ 今日の一言 ◆◆◆

大学からもらった授業料免除の10枚の用紙を1度読んだだけでは意味がつかめない私。

何度も読んでやっと理解する。

•戸籍謄本に

•家族全員の住民票に

•通帳の残高のコピーに

•収入証明書。

役所に行ってきた。

今度はたくさんの書類書き。パソコンからPDFをA4サイズに印刷して細かく正確な書類を書き上げる作業。
な、なんと家のコピー機が突然こわれて呆然。

息子がコンビニで印刷できるように申し込んでくれた。へぇ?なにそれ?
息子のパソコンからコンビニで印刷を予約したら、私が近くのコンビニで予約番号を入れるとコピーできるらしい。すごい!どんくさい私にできるのだろうか?不安、不安、不安。

後でコンビニに行ってやってきます。どうかテンパりませんように。笑

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑
PVアクセスランキング にほんブログ村

-ひとり親家庭の大学進学, 子供達の事
-,

執筆者:

関連記事

福くんの歌声を聴いて思い出す懐かしい声と映像

  ユーチューブで調べものをしていて、福くんが歌う「香水」を知りました。   「マルモのおきて」のあの福君がもう16歳? 私の大好きな「香水」を歌ってるの?   どれどれ …

優しい紅茶ケーキを食べて涙がとまった経験から学んだ事。

  20年前、私の心をふわっと優しく包んだ息子さんのお母様と会いました。 その息子さんの作ってくれたケーキのおかげで、私は前向きになれたし、子供達を、手作りの料理が一番だと信じて育てる事がで …

息子を取られる感覚はありませんでした。

  母親からすると、息子という存在は、 可愛い、愛しいを通り越して 宝物というか自分の一部というか、表現できない存在。   娘も同じように可愛いけれど、娘の可愛さとは何かが違うんで …

こんな家庭環境でも子供達のかたい絆を感じました。

  最近、娘から素敵な報告がありました。 LINEで、「いつかゆっくり話せる時間ある?」って。 母親の勘というものでしょうか?ピーンときました。 やはり私のカンは大当たり♪ 幸せそうな娘の声 …

息子の気持ちが優しかったから美味しい物を食べる事に罪悪感を感じてしまいます。

  美味しい物を食べようと考えると心が痛むなんて、おかしな話で情けないけれど、どうしても心が痛んでしまい食べられないし買えない私です。 息子の事を思うと、どうしてもだめなんです。 &nbsp …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ