柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

母との思い出

子供を愛せない親が存在するという事。

投稿日:

2泊した次女が帰って行きました。見送った後に寂しくなり、残りのケーキで余韻に浸り一人おやつです。

逢えば私を一瞬で幸せにしてくれる子供との束の間の時間を思い出しながら、同時にずーっと苦しんでいた私と母のことを思い出していました。

・私という存在は親である母をなぜ幸せな気持ちにできなかったのだろう。
・どうして私は母に笑顔をあげられなかったんだろう、
・母に幸せを感じさせてあげられなかった私って何だったのだろう。・・・と。

 

その謎が解けたのです。
理由は簡単。

・母は私を嫌っていたから。
・いつも母の視線に私は映ってなかったから。
・私は母のストレスになる存在だったから。

 

愛されていなかった以上そんな私が母に幸せをあげることが出来るはずもなく・・・。^^;

もうすでに理解していてでも認めたくなかった理由を今回はっきり認められてすっきりしました。

解っていたよ。って感じですかね。^^;

 

そして、もしかしたら母は私の事が愛せない事を悩んでいたのかもしれないと考えたりする事ができました。← スゴイ気持ちの進歩!

子供を愛せない親が自分の親だったというだけの事だと、割り切る事ができたおやつの時間でした。

61歳の私、この歳でようやく決着がつきそうです。

 

◆亡くなった母が美化されていく事に不満が爆発しそうになります。

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

-母との思い出
-

執筆者:

関連記事

60歳また1つ乗り越えた事。

  今日は久しぶりに父と母の共通の知り合いから電話がきました。 話が長くなるのを覚悟して今日も受話器を取りました。^^; 父と母の昔の思い出話が1時間近くも続きました。 今までの私は、生前の …

身内の霊なら怖くないという経験をしました。

  不思議な話なのですが、良かったら聞いて下さい。 私の母は、長女がお婿君の籍に入る前に亡くなりました。 母にとって初孫の長女ですが、お婿君の事も、結婚の事も知らずに亡くなりました。 その頃 …

35年前の値札のついたままの着物の行く先が決まりそうです。

着物を持っています。 最初の結婚から35年間広げてみた事もなく、もちろん1度も袖を通す事もなかった数枚の着物。 全てに値札が付いている着物と帯と小物。 1度だけ長女が大学生の頃見てみたいというので開け …

手作り果実酒を飲みながら、ずるいよ今頃。と涙する私です。

果実酒を飲んでいる時は、嫌な思い出ではなく、
母が亡くなる前のか細く小さくなって、子供のようになった母の姿と、
亡くなる前日に父が母の手を握り、
2人で歩んできた2人の人生をありがとうありがとうと言って話していた時の姿と、
そんな父の言葉を最後の力を振り絞り、
目を大きく開けて聞いていた母の表情を思い出します。

隠れ毒親というフレーズ。

かなり暗い話です。苦手な方はスルーして下さいね。よろしくお願いします。 先日から精神的にきつくてしんどい日が続いている私です。 今日で4日めです。 ある時から、母親の事も、姉妹の事も、元夫の事も全ても …


  1. 水菜 より:

    たぶん…
    愛は、お母様の心のどこかにあっただろうと思うんですよ。
    ただ、親子でも相性というものが存在するし、自分自身が未熟だったりすると、心のどこかにあるはずの愛が表面に出てこないことがあります。
    私自身、育てられ方にも育て方にも大きな問題があったと思いますが、全ては両親の未熟さ、そして私の未熟さだったと思います。
    色々と取り返しがつきませんが…
    minoriさんの場合は、自分の育てられ方が連鎖しなかったようで、お子さんたちは幸せですね(^ω^)

    • minori より:

      水菜さん、こんにちは。
      いつも温かいコメントありがとうございます。この親子の問題はいい加減に終わりたいと思い、吹っ切れたと思いながらも吹っ切れずにいて厄介です。^^;
      私は、子供が怪我をしたりしたときに優しい言葉をかける事が出来なくて、優しく寄り添えなくて悩んできました。親から手当をしてもらった事がなく、ケガをしてもののしられていた記憶しかないので出来ないのだと思うんですよね。そういう私が顔を出します。なかなか難しいですね。本当に水菜さんが仰るように、取り返しがつかない事が多すぎます。でも、前を向くしかないですものね。頑張ります。いつもありがとうございます。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ