柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

60代からの暮らし 健康

ウエストゴムのジーパンがキツイってそんなぁ。涙

投稿日:

年末から食べ過ぎて、恐ろしくて体重計に乗る勇気がない私です。

息子が高校生の頃履いていた、まだ新しい部屋着のズボンが残っているのですが、息子が要らないと言ったので、娘に要る?と聞くと、要らないと。「ウエストが大きすぎるわ。」

それならもう捨てようとしましたが、暖かそうだし新しいし、ちょっと履いてみたんです。

あれ?ウエスト大きくないんだけど・・・。^^;
足の長さだけ切っちゃえば、余裕で丁度いいんだけど…。

マジですかぁ・・・。とどれだけ一人つぶやいた事か。^^;

私きっと3㌔は体重が増えたと思います。
ホント怖くて計れない。

次女は、「今計ったらまだ軌道修正が可能だよ。頑張って!笑」って言ってくれるけれど、まず増えすぎた数字を見る勇気がありません。

コタツに座っていて、履いているジーパンがきつくて気分が悪くなったので、ちょっと着替えてくるわ。と立ち上がりながら、

「このジーパン後ろゴムなのに・・・。」というと次女が爆笑。

「ウエスト全部ゴムのズボンに着替えてきた」というとまた爆笑。

正月太りって経験がなかったけれど、今年の私みたいに悩みが無くて正月気分を満喫すると体重も増えるのですね。

明日から、少しずつ気持ちを切り替えて、また粗食に戻さねば・・・。

60歳で体重増やしてどうするの私って感じですよね。

伸びる素材のウエストゴムの怖い物無しのジーパンがきついなんて、
笑い話にもなりません。トホホホホです。

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

-60代からの暮らし 健康
-

執筆者:

関連記事

60歳、人に言われて気付いた軽い脱水症状。

  先週1週間ずっと身体が重く体調不良だったんですよね。 歳かなぁなんて思いながら過ごしていたのですが、 今朝札幌に住む娘から「お母さん、今日はそっち30度まで気温が上がるらしいから、脱水症 …

61歳老いからくる指のリハビリは折り紙で楽しくが一番です。

今日は折り紙で遊んでいて、気が付いたら夕方でした。 まだ50代の頃、テレビなどで施設のご高齢の方が折り紙をしている様子を見ては、こんな事歳取ってまでやらされて、まるで赤ちゃんみたいに扱われて可哀そうに …

もう2度と太らない!と一人鏡を見てつぶやく。^^;

食べる量が少なくなりお菓子もやめてから、体重がだいぶ減りました。 鏡に映る姿を見ても、ああ、痩せたんだなと思えたので、去年の夏太って、着た時にシルエットが悪くなった服を何枚か着てみました。 またきれい …

病気と共に生きるコツ?

以前からお裾分けを頂く機会が多い私ですが、今も変わらず何かしら頂いています。有難い事です。 今日は頂いた柑橘系を7個剥きました。 その剥いた皮をスムージーにして飲みました。 以前から頂き物の無農薬野菜 …

あっと言う間に体重が増えた代謝が悪すぎる61歳

年末から正月にかけて増えた体重2キロが戻りません。泣 この歳になったら、体重増やしちゃだめでしょ!と自分を叱ってみても後のまつり。 大体、増える前も私の体重は標準より重かったのに、お正月に気を抜くなん …


  1. こっこ より:

    幸せそうで良かった
    よく頑張りましたね 
    いえ まだお父様のことで 色々おありでしょうが
    着地点見つかって良かったですね
    やれることはやった 拍手です

    • minori より:

      こっこさん、コメントありがとうございます。
      >>幸せそうで良かった<< ありがとうございます。 今年のお正月は幸せだとご飯が進むという新しい発見でした。^^ 父の事も随分楽になり、今では父が介護中に話してくれたたくさんの昔話が私達家族にとって宝物です。 その昔話を父の兄妹にもお知らせしています。懐かしくて泣いたと言われます。 こういう事も幸せに繋がっています。 たくさんの中からお読み頂き、コメントまで下さりありがとうございました。 これからもよろしくお願いいたします。みのり。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ