柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

60代からの暮らし 健康 認知症の父と私

最近はこんな時だけ施設の父を思い出します。

投稿日:

古傷が痛む、ではないですけれど、
父の介護の時に傷めた肩が痛みます。

認知症が進んでからの父は、トイレのドアの前で明け方お漏らしをするようになったんですよね。

そのおもらしが始まった初期の頃、私はしょっちゅう父のおしっこで豪快に滑って転んでました。

父が、トイレから濡れたパンツを持って玄関に行こうとするので、「お父さん、待ってーーー!」と慌ててトイレのドア前を走って滑るんです。

次はちゃんと床を見て・・・。と思うのですが、毎朝とっさの出来事にお漏らしの事を忘れて走っちゃうんです。

それにトイレのドアの前は狭いしうす暗くて床が濡れているか良く見えないのもありまして、見えたら瞬時に気付く事も出来るかもですが、いつもいつも滑っていました。

そして父が歩くとき、その痛くてうずく私の肩に手を掛けてガシっと掴み、ふらつかないように体重をかけるのでもう痛いのなんのって。

いつか私の肩が外れちゃう~。と心の中で叫んでいたものです。

その肩も、父の施設入所と共に治ってきて、何の違和感もなく過ごしていたのですが、今日急にあの時のようにうずいて何だか肩が外れそうな感じなのですよね。

先日、車庫の掃除で両手を上にあげる作業をしていからなのか、
それとも、ペットボトル6本入りの箱を抱えたからなのか。

それとも、つい先日重たい肥料を2袋担いだからかな?^^;

病院に行くのは避けたいので、しばらく慎重に過ごしてみます。

 

父を思い出す日が減っている私に思い出してくれーと父からのメッセージなのでしょうかね?^^;

今回は痛みで、父の事を思い出しましたが、

最近は日頃父を忘れていると、時々こうやって何かのはずみで父を思い出し、急に逢いたくなり施設に面会の予約を入れる。

そんな感じです。

 

◆「認知症の父と私」一覧

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

-60代からの暮らし 健康, 認知症の父と私
-,

執筆者:

関連記事

思い出す父のニンニク入り高級蜂蜜

眠りの質が悪い人は、寝る前にはちみつを舐めると良いと聞いたので、昨日早速蜂蜜を寝る30分前に舐めて眠りについたところ、 朝とても爽快に目が覚めました。しかも良い夢も見られて。 これって偶然なのかそれと …

認知症父が微笑んだ目線の先のもの。

認知症の父に逢いに娘家族と施設に行って来ました。 父が認知症になって変わってしまった姿を見るのは初めての娘夫婦ですが、 「おじいちゃんは昔のままだったね。昔と変わらず話をうんうんと静かに聞いてくれて嬉 …

親の介護は終わったのに心労で寝込む日々。

父が施設に入所すれば、父と私の介護日記は終わると思っていたのに、心配や悩みでまだまだ書くことが多そうです。   朝早く起きて、木の剪定をして雑草を抜き、雑草の中からキレイな花を見つけたので、 …

no image

この姿が本当だったらどんなにいいかしら^^;

去年の今頃から2㌔増加の私です。 痩せよう!と思いながら甘い物を食べて後悔の繰り返し。 体重計の数字でびっくりする事はあるけれど、普段は一人だし写真を撮る事なんてほとんどないのでコトの重大さにはいまい …

実家にバスタオルが15枚ある理由 介護編。

今日は1週間で唯一私が動く日です。笑 ・朝、父の病院に洗濯物を受け取りに行き ・それを家に持って帰り洗濯をし、時間の許す限り外に干し、 ・時間が来たので、その洗濯物を車で干しながら用事の目的場所へ。 …


  1. こしあん より:

    こんにちは。
    みのりさんはお父さんの介護をされている時にオシッコで転んだんですね。
    いや~、お世話よく頑張りましたよ!
    私の実家の母も去年の夏過ぎ頃からトイレに間に合わなくなり、それまでは夜だけオムツを履いてもらっていたんですが、まだ完全な認知症になっていませんでしたので、間に合わなくなっても「昼間は履かない」と言ってなかなか履いて貰えませんでしたので、お世話に行く度にあちこちのカバー類や下着洋服と、洗濯と掃除のしまくりで、交代とはいえ、姉妹全員が疲れとストレスで文句が止まらなくなったりしましたが、老健に入居した今となっては、もう少し優しく接してやればよかったと後悔してますね。

    みのりさんのように同居でお世話している方々には頭が上がりません。
    みんな順番に年を取りますが、結局最後は自分もオムツのお世話になるのかな~なんて思う今日この頃になってしまいましたよ。
    うっかり長生きしてしまったらの話ですが…。
    古傷が痛むようですが、お大事になさってくださいね。

    • minori より:

      こしあんさん、こんばんは。
      こしあんさんもお母様の介護お疲れさまでした。
      完全に認知症になっていない親の自宅でのおむつ事情、難しいですよね。恥かしさが残っているんですものね。
      掃除と臭いで私も疲れ切り、意地悪言って自分で泣いた事がありました。^^;入所してからも、色々と反省する事浮かんできますよね。だって私達初めての介護だったんですものね、上手に出来るわけないですよね。
      私、将来、うっかりどころか故意的に長生きする予定なので(どうしても息子が50歳になった顔をみてみたい)自ら紙パンツはいて迷惑かけないようにせねば。^^;
      肩の痛み、少し改善されました。ご心配ありがとうございます。コメントもありがとうございます!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ