柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

認知症の父と私

退所した施設の請求書を見て色々な事を思う一日でした。

投稿日:

今日は、父の介護用品の返品と交換でドラックストアに行き、
父の洗濯物を受け取り&届けに病院に行きました。

たったそれだけなのに、疲れた私です。

今まで全てをお任せしていた施設入所の有難さが、退所して身に染みてわかる父の入院です。

そして、今まで施設からの請求書のこまごました明細にはサラッとしか目を通していなかったのですが、(合計金額しかみていなかった)今回初めてしっかり目を通しました。

衣類の洗濯代がひと月で4千円以下の請求でした。

有難かったんだとここでも思う事でした。

中国で暮らしていた時、病院に入院している患者のほとんどに家政婦?が付いていて患者のみのまわりのほとんどの世話をしていました。

もう10年以上も前の事だし、田舎だったし、都会の中国とは違うかも知れませんが、

身内の世話は、家族がするものだと思っていた私には、衝撃的な光景だったんですよね。他人に家族のお世話を全部任せて平気なのだろうか?みたいな。

そういう行為に愛はあるの?みたいな・・・。^^;

今日は急にあの中国の安くで頼めていた家政婦?の光景を思い出しちゃいました。羨ましいですね。

 

そして今日は、先日、娘に父の介護の時の一番大変だった頃のエピソードを話して聞かせたんですけれど、

その時「もし、お母さんがそんなになっちゃったらどうしよう・・・。」と困惑した顔をしていた娘の顔を思い出して、

子供達の為にも私はピンピンコロリを目指さなきゃ!と(偏食ばかりの私が良く言うわ^^;)今日はたった2つの父の介護の用事で疲れながら色々と思う私なのでした。^^;

◆「認知症の父と私」一覧

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

-認知症の父と私
-,

執筆者:

関連記事

今日の介護は疲れた。

今日は久しぶりに認知症父に手を焼きました。つかれたので、スマホに記録している介護記録をコピーします。^^; 朝台所に濡れたズボンが脱ぎ捨ててあった。紙パンツはどうした?肝心な時にはいつも履いていない。 …

私が壊れる前に父の施設入所の日取りが決まってくれました。

朝目が覚めると鉛のように身体が重くて硬くてなかなか起き上がれなくなってしまいました。 また今日も始まるんだ。と憂鬱になる気持ちと戦いながら、しぶしぶ起き上がります。 まるで2歳児のような認知症父の手取 …

認知症で夜中2度目の煙騒動。限界寸前の自宅介護です。

  夜中に2度目の煙騒動です。 レンジの使い方を忘れてしまった父は、夜中に何か食べたくなると、ステンレスの網ザルに物を入れて直接火にかけるようです。 ザルが焦げてススだらけになっていたので、多分間違い …

認知症父の輝くキセキの一歩がまた1つ増えました。

  昨日は私の方が緊張して眠れませんでした。 なぜかというと、ショートステイ先から父の「帰るコール」が来るかもしれなかったからなんです。 そうです。昨日父はあんなに頑なに嫌がっていたお泊りを …

後期高齢者として生きる父の年金を上手く使いこなす介護の大事な意味。

途方に暮れていた父の介護ですが、やっとデイサービスが来週から ・週1で一日4時間から ・週2で一日6時間になりました。 という事は、私が週2日、6時間も父と離れる事が出来るようになったという事です。 …


  1. おにぃ より:

    みのりさんこんばんは。
    何年か前にBS12で「ありがとう」ってタイトルだったかな?のドラマの再放送をやってて水前寺清子さんが主役で石坂浩二とか出てて水前寺清子さんは看護婦さんの役でそのお母さんの役の職業が入院患者の家政婦さんみたいな役でした。家族ではない人が身の回りのお世話をしてくださってとてもいい制度だなと思いながら見てました。今の日本にはもう無い制度のようでちょっと残念だなあと思ってました。
    水前寺清子さんって365歩のマーチの歌手さんだと思ってたら何度も主役をやって主題歌も歌って紅白の司会もやってとすごい人だったんだとその時知りました。

    • minori より:

      おにぃさん、こんばんは。
      その「ありがとう」、子供の時に観てました。確か週に1度夜の8時からで、テレビの前に体育座りして・・・。懐かしいです。
      内容は忘れましたが、そのような設定だったのですね。日本にもそんな病院でお世話ができる良き時代があったんですね。水前寺清子さん、たくさん主演なさっていたので私は水前寺清子さんの主演のドラマをみて小学生時代を送った感じです笑。中学生の頃は、百恵ちゃんの赤いシリーズ笑。話は戻って、今の日本はヘルパーに頼むのは時間が短くて家政婦をお願いするのは料金がばか高い。どこに声をあげればよいのやら。

      「ありがとう」シリーズ久しぶりに思い出しました!これこそありがとうです。^^

  2. さら より:

    みのりさん、暑い中お疲れ様です。

    ほんとにね、ピンピンコロリで逝きたいって思いますし、シニアのみなさんそうおっしゃいますよね。コロリの場所が外出先だったりスーパーの中だったり暑い最中の路端だったりしないことを願っている私です。

    今は入院時の介護家政婦さんの利用はききませんね。たしかに以前はありましたが。完全介護付き入院とか言ったような。
    亡き母が3ヶ月ほど入院した時も紙オムツや着替えを届け、食事介助などパートの合間にしました。施設でもこういう介助をしている知人のケースを知っています。ほぼ毎日でした。これるなら出来るだけ来てくださいと言われたそうです。
    コロナのせいで今は間隔が空いているのでしょうね。

    • minori より:

      さらさん、こんばんは。
      「完全介護付き入院」。なんだか料金が高そうなイメージの名前ですね。当時中国は安くで雇えたので一つのベッドに一人ずつ家政婦さんがいる光景でした。だから6人部屋だと密度が高い!笑。
      お母様の入院の時、車が無いと大変でしたね。私はもうすでに疲れました。^^;
      本当にそうですね。コロリといく場所も考えものですね。野球の野村監督の奥様が、自宅で穏やかに息を引き取られたというのを聞いた時に、理想だなぁと思った事がありました。
      「自宅でコロリ」今日から祈りに加えます。^^

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ