柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

生活の知恵

ミニマリストになれないかもしれません。

投稿日:2018年2月14日 更新日:

こんにちは。

今日は憧れのミニマリストにはなれないかもしれないなぁ

思った出来事がありました。

引っ越しの為の処分に励んでいるのですが、

6畳ほどの大きさのクローゼットの奥に、

迷ってる箱」という段ボールがでてきたんです。

 

すっかり忘れていましたが、10年前ここに引っ越す時に、

捨てるか迷ってるものを一応新居に運んでからゆっくり判別しようと

前の家からもってきた段ボール箱でした。

 

あの頃は、

捨てるのはバチあたり」くらいに思っていたので

捨てようか迷っている物を新居にもってきたのも

私らしいと言えば私らしいのですが・・・。

 

地味な色柄のスカーフ

そのダンボールを開けてみると、

捨てたと思っていたものが、入っていました。

 

それは、元義母からプレゼントされた地味な色柄のスカーフです。

 

17年前に貰った時は、「ありがとう」と言ったものの、

当時は私もまだ30代で、こんな地味な色柄のスカーフに全く興味がなく、

「捨てるのはバチあたり」と思っていた私でさえ

こっそり処分したはずの物でした。

 

なのに、その17年前の捨てたと思っていた地味なスカーフが

入ってたのでびっくり。

手に取ってみると、全然地味ではないのです。

むしろ素敵にみえます。手触りもいいんです。

 

17年前は、あんなに地味な色に見えたはずなのに、

光沢もあり素敵なんです。

 

そうそう思い出した。確か「絹」とか言っていたような・・・。

首元に持ってきて鏡で見ると、ちっとも変じゃないんです。

それで、いつも来ているコートにあわせてみたら

色合いもあっていて素敵に着こなせそうなんですよね。

というかスカーフをつけると私が

オシャレな50代に見えるんです。笑

 

捨てないで残ってくれていて良かったと心底思いました。

 

で、こんな事もあるんだと思うと、

何でもかんでも処分する手がピタリと止まってしまって

母が残してくれた服を思い切って処分しようと思っていたのに

捨てる勇気がなくなってしまって悩んでいる最中です。

 

子供たちにミニマリスト宣言をした私ですが、

道は遠いかもしれないゾと思うのでありました。

-生活の知恵
-,

執筆者:

関連記事

子供の急な発熱に100均の氷嚢(ひょうのう)がとても役にたちました。

こんにちは。 今日は、子供の急な発熱に100均の氷嚢がとんでもなく役にたったという体験記です。   ウチの子供、といっても18歳のでかい子供なのですが、明日から大事なテストという日に 急に3 …

地震の予知夢?「地震には気をつけろ」連続してみる夢に防災意識を高めました。

元旦から一昨日までまだ数日しかたっていないのに、次女は同じ夢を3回も見ているのです。
それも、地震の夢。
夢の中に知らない若い男性が現れて、ニコリともせず真面目な顔で「地震には気をつけろ」と言うのだそうです。

50代おひとり様。小さな暮らしに食器棚も鍋も買いません。

  こんにちは。 食器棚なしの生活を始めて90日のみのりです。   引っ越して3ヶ月。いつも使う食器以外の器は、押入れのダンボールに入ったままです。   1度だけ、友人が …

50代おひとり様。年収が10分の1に減っても変わらない暮しをしている理由

  こんにちは。 年収100万以下おひとり様のみのりです。   世間では年収100万以下の暮らしを極貧というそうですね。   私は年収1000万円以上の生活から100万以 …

食品ロス対策への私が出来る小さな取り組み

随分前にテレビで「食品ロス」という言葉を知ってから
私の中で、お買い物に行くと必ずしている事があります。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください