柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

日常の事

ささやかな暮らしの中で見つけた懐かしい草花にホッとしています。

投稿日:

dav

こんにちは。

早いもので、街の中心からプチ田舎に引っ越してもうすぐ2ヶ月が経ちます。

このプチ田舎で何をしているかというと、家の周りにはオシャレな店が何もないので、もっぱら散歩で気を紛らわしている毎日です。笑

 

しかし、今日はぼーっと歩いている途中で大好きな草花を見つけて、ずっと心が癒されているんです。

何年ぶりに見つけたでしょうか?たぶん10年ぶりだとおもいます。

 

この花です。イヌタデです。

dav

 

•名前 イヌタデ (別名アカノマンマ)

•花言葉  お役に立ちたい

•大きさ 高さ 20~50センチ

 

赤飯を想起させる薄紅色の花イヌタデ(アカノマンマ)は雑草ではあるものの非常に美しく、画材などとして使われることもあるとの事。(見た事あるある!)
別名の「アカノマンマ」は俳句では秋の季語として使われるそうです。

ウイキペディアによる

 

昔の思い出

 

幼い頃から祖母の影響で草花摘みが大好きだった私は、上の子が小学校に上がるまで、いつでも草花が摘めるように田舎を選んで住んでいました。

そこは春にはレンゲがたくさん咲いて、そのレンゲの花で作った冠を娘達からよくプレゼントされたものでした。シロツメクサのブレスレットや指輪もあったっけ。もちろんイヌタデも。家の中は草花でいっぱいでした。

 

そんな風で娘達といつもいろんな種類の草花を摘んではキッチンに飾っていましたが、私が一番好きだった草花がイヌタデでした。

 

 

そんな大好きだった草花摘み。大好きだったイヌタデ摘みの事も、街中に住んでからはすっかり忘れていました。

 

そして今日。本当に久しぶりにイヌタデを見つけました。なぜか1本だけ土手に咲いていて、気が付いたら摘んでいました。

家に帰ってビンに差すと可愛くて可愛くてずっと見てしまいます。笑

 

もし庭があったら、芝生の代わりにイヌタデを生やしてピンク色の庭にしたいほど私には可愛く映ります。

 

花言葉は「あたたのお役に立ちたい」

 

娘達との草花摘みから25年。

もう人生終わってもいいかな。と何度も思った離婚までの長い月日と離婚してからの不審者に怯える長い日々。

ささやかな幸せを願いひっそりと引っ越した小さな部屋に、可愛い草花が「頑張ってね!」と励ましてくれているようです。

 

ちなみにこのイヌタデの花言葉は「あなたのお役に立ちたい」だそうで、花言葉通り私の寂しい気持ちに寄り添ってくれて静かに見守ってくれているようで嬉しい。

 

調べてみると、11月頃まで咲くらしいです。

 

今日は近くの土手でみつけたけれど、もっと先のあぜ道があるところまで散歩したら、もっとたくさん生えているのかもしれないと思うと、居ても立っても居られない。笑

日が沈まないうちに少し遠くまで散歩に出かけてこようと思います。

 

 

◆◆◆ 今日の一言 ◆◆◆

昔、陶芸品屋で見つけたイヌタデを描いたお皿を
大切に20年近く毎日のように使いました。
引っ越し先に持ってきたつもりだったのに、
荷物の中に入っていませんでした。
ショックだっただけに、今回のイヌタデとの出会いが
嬉しかった私です。

 

今日もお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

 

-日常の事
-, , ,

執筆者:

関連記事

ひきこもりという自分を受け入れるための癒しの小道具。

こんにちは。 引きこもりが落ち着くおひとりさまみのりです。   私の日頃の行動は、息子の送り迎えと、住んでるビルの下にあるスーパーに時々買い物に行く事と、実家に行く事。それだけです。 &nb …

練石鹸の作り方と掃除を楽しく簡単にする使い方。【画像付き】

家じゅうのステンレス部分がピカピカに
なる石鹸があったら便利だと思いませんか?
しかも、環境にも優しいというおまけつきで。

自分の執着した固定観念で人生損をしていた事に気が付きました。

  こんにちは。 1000円カットでセミロングからショートヘアにされて1か月半が経ちました。 その時の話はこちらから読めます。   あんなに嫌だったショートヘアーがまさかの良い事づ …

シングル家庭。離婚を打ち明けた時の、娘の嬉し涙が目に焼き付いています。

こんにちは。 次女に離婚を打ち明けた時の、次女の目からあふれ出した涙が忘れられないみのりです。   今日はその次女が帰ってきます。社会人アスリートです。 この子は、小学6年生から高校に入るま …

引きこもりのおひとり様でもいろんな嫌な事は起こるものですね。

私みのりは、近い将来にもらえる年金額が見事に少ないんですよね。
なので「年金+死ぬまで副業」で生活をしていこうと思っている中、副業の1つに中国輸入を選びました。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ